「N」はあるのに「P」は? MT車に「Pレンジ」が存在しないワケ (1/2ページ)

「N」はあるのに「P」は? MT車に「Pレンジ」が存在しないワケ

主役はあくまでPレンジではなくサイドブレーキ

 AT車を駐車する場合、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)をかけて、セレクトレバーをPレンジに入れておくのが大前提。Pレンジに入れておけば、トランスミッション内部の歯車に、爪状の部品(パーキングロックポール)が引っかかって、ギヤが固定されクルマが動かないようになるので、万が一サイドブレーキの利きが不十分だった場合でも、クルマが勝手に動き出すリスクを防げるからだ。

 ただし、あくまで主役はPレンジではなく、サイドブレーキ。道路交通法にも、「車両等を離れるときは、その原動機をとめ、完全にブレーキをかける等当該車両等が停止の状態を保つため必要な措置を講ずること」(第71条-5)と「運転者が車を離れるときの義務」が明記されている。

Pレンジ

 したがって、MT・ATを問わず、駐車時にはサイドブレーキさえ“しっかり”利いていれば、ギヤはニュートラルだって問題ない。実際、MT車ユーザーは、普段、ニュートラル+サイドブレーキで駐車している人が大半だろう。

画像ギャラリー