クルマに興味がない人必見の「安かろう良かろう」な足グルマ4選と選ぶべきグレード (1/2ページ)

クルマに興味がない人必見の「安かろう良かろう」な足グルマ4選と選ぶべきグレード

クルママニアが納得する足グルマだから性能もバッチリ

「日常のゲタに使うんだから、安ければなんだっていい」という観点でクルマを選ぶ人もじつは少なくない。クルマに興味のない人にとっては確かに動けばそれ以上は望まないのかもしれないが、どうせお金を出してクルマを買うのであれば性能面でも満足できるものに乗ってもらいたいというのが、マニア心。

 そこで今回は、「こんなところはまったく見ないかもしれないクルマに興味のない人」にオススメしたい価格と性能のバランスの良い新車で購入できるモデルを独断と偏見でご紹介したい。

1)日産ノート

 現在、売れに売れている日産ノート。クルマ好き的には新たなパワートレインであるe-POWERを推したいところだが、クルマに興味のない人には「X」をオススメしたい。車両価格的には150万円ちょっとだが、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど、先進安全装備が標準でついてくる。

足グルマ

 ちなみにさらに10万円安い「S」グレードも存在するが、インテリジェントキーやプライバシーガラスなど、日常的に使うのに便利な装備がカットされてしまうので、この価格差であればオススメしにくい。動力性能的にはスーパーチャージャー付に軍配が上がるが、25万円ほど高くなる割には実感できるほどのパワー感はない。

2)ホンダ・フィット

 間もなくフルモデルチェンジが噂されているフィットだけに、すでに現行型は熟成の域に入っている。オススメはベーシックな1.3リッターのガソリンエンジンモデル。足と割り切るなら複雑な機構を持つハイブリッドなどはもってのほかである。

足グルマ

 ベースとなる13G・Fグレードは先進安全装備を含むホンダセンシングは非装備となるが、オプションで選択が可能。そうすると価格はノートと同じ150万円程度となるが、フィットは排気量が100cc大きく、オートエアコンが標準装備となる点がアドバンテージとなるだろう。

画像ギャラリー