SUVのタフさと先進感を両立! 新型トヨタRAV4の内外装を徹底チェック (4/4ページ)

クラストップレベルの荷室空間を確保

 高いユーティリティ性能が与えられたのも、新型RAV4の見逃せない特色である。RAV4

 荷室は、高さを2段階に調整できるデッキボードを採用したことにより、後席使用時の最大容量はクラストップレベルの580Lを実現。この容量は9.5インチサイズのゴルフバッグを横にして4つ積み込める。さらに分割可倒式のリヤシートによって、荷室スペースを多彩にアレンジできるようになっている。

 デッキボードはリバーシブルで、裏面が樹脂製になっている。汚れたものや濡れたものも気兼ねなく積み込めるから、レジャーやスポーツといったシーンで重宝しそうだ。

 荷室容量は後席使用時で542L(デッキボード下段時は580L)を実現。9.5インチのゴルフバッグなら4個を許容するスペースが確保されている。分割可倒式のリヤシートのアレンジによりほぼフラットに荷室を拡大でき、1.8m以上の長尺物も積み込める。なおトノカバーは全車販売店オプションである。RAV4

 荷室のデッキボードは2段階に高さが調整でき、下側にすると荷室高は880mmから935mmになり、後席使用時の最大荷室容量は580Lに拡大する。デッキボードはリバーシブルで裏面が樹脂製のため、裏返せば汚れ物などが積める。RAV4

 デッキボード下には標準装備の車載工具やパンク修理キット、三角表示板が収納されているが、スペースに余裕があるので、メンテナンス用品などの小物類ならしまっておける。応急用スペアタイヤは全車にオプションで設定。RAV4

 センターパネル下部にはスマートフォンなどが置けるトレイを設置。このトレイに備わるアクセサリーソケット(DC12V・100W)は全車に標準装備となる。RAV4

 インパネの助手席側にもスマートフォンなどが置けるトレイを設置。センターパネル下部のトレイとともにX/ハイブリッドX以外はソフトマット付きだ。RAV4

 大きな開口部を持つグローブボックス。大容量ではないものの内部がフラットな作りになっているので、いろいろな小物の整理に役立てることができる。RAV4

 蓋がセンターアームレストとして使えるコンソールボックス。スペースは限られるが深さ方向にゆとりがある。内側には充電用USB端子が2個設置されている。RAV4

 助手席シートバックポケットは全車に標準装備。書類などの薄いものなら、A4+α程度のサイズに対応している。RAV4

 後席用のエアコン吹き出し口はセンターコンソールボックスの後部に設置。こちらにもUSB端子が2個備わる。RAV4

 荷室の右側には小物が収納しておけるポケットを設置。下部にはネットまたは仕切り板が装着され、落下を防げる。RAV4

 荷室のサイドポケットの上側に設置するアクセサリーコンセントをオプションで設定。写真はハイブリッド車用だ。RAV4

 パワーバックドアはG/ハイブリッドGに標準装備。スマートキーを携帯していればリヤバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアが自動開閉するハンズフリーパワーバックドアは、G“Zパッケージ”に標準装備され、アドベンチャーとハイブリッドGにオプション設定されている。RAV4

 ドリンクホルダーは前後の各ドアのほかに、前席はセンターコンソールに2個、後席は折りたたみ式センターアームレストに2個、合計で8個分設置されている。前席センターコンソールに設置されるホルダーには内側に可動式のガイドが備わり、ドリンクを固定できるようになっている。RAV4

画像ギャラリー