歴代モデル10台を乗り継いだマニアが喝! 自腹で買った新型カローラのマイナス点5つ (1/2ページ)

歴代モデル10台を乗り継いだマニアが喝! 自腹で買った新型カローラのマイナス点5つ

1.5リッターエンジンはラインアップされず!

 33年にわたり代々カローラセダンを乗り継いできた筆者。そして今回、予約受注開始日となる2019年7月27日にいち早く予約購入し、本稿執筆中は納車を待ち望んでいる。この記事ではそんな筆者のカローラ愛好家&新型カローラ購入者目線で見た時の、「ちょっと気になる部分」について述べていきたい。

1)排気量が1800㏄になった

 今回新型カローラセダン及びステーションワゴンのツーリングには、1800㏄エンジンベースのハイブリッド、1200㏄ターボそして1800㏄エンジンがラインアップされている。

 当初メディアでは「次期型カローラセダン&ツーリングでは1800㏄ハイブリッドと1200㏄ターボが設定される」との情報が飛び交っていたが、筆者としては、1200㏄ターボエンジンはトヨタのなかでもハイコストなエンジンとされているとの話も聞いていたので、1200㏄ターボのほかに、現行モデルで搭載されている1500㏄エンジンもラインアップされるのではないかと考えていた。しかしフタを開けてみると1800㏄エンジンとなっていたのだ。

【関連記事】カローラひと筋30年のマニアライターが選出する歴代カローラTOP5!

新型カローラへの不満画像はこちら

 搭載されているのは2ZR-FAE型でバルブマチック機構が採用されているエンジン。11代目カローラ・フィールダーにも搭載されていたエンジンだが、アクシオには設定がなかった。

 筆者が乗っていた11代目カローラ・アクシオは2015年に実施されたマイナーチェンジのタイミングで採用された新開発1500㏄エンジン「2NR-FKE」を搭載していたので、新型に乗り換えるのに、10年以上のキャリアを持つ2ZRエンジン搭載車となることには少々疑問を持ってしまった。

新型カローラへの不満画像はこちら

 どうせ排気量アップするならば、RAV4にも搭載されており、日本国内ではレクサスUXが初搭載となった新開発エンジン「M20A-FKS」を搭載してほしかったが、おそらくエンジンコストの関係から搭載できなかったものと考えられる。北米ではすでにカローラにもラインアップされているため、今後マイナーチェンジなどの改良タイミングで日本仕様にも換装されるのかもしれない。

2)内装色が黒しかない

 歴代カローラシリーズの特徴の一つが、複数の内装色を設定していたこと。カローラは初代以降11代目まで複数の内装色を設定し、ボディカラーによって組み合わせていた。直近の11代目ではグレー系を基本色にし、希望すればブラウン系のフラクセンのシートカラーが選択できた。しかし、今回はSとG-Xはシートカラーも含めてブラックのみとなり、W×Bのみにブラックのほかホワイトのシートカラーが設定されている。

新型カローラへの不満画像はこちら

 ちなみに北米仕様では、シートカラーについてはブラックとグレーがボディカラーによって組み合わされている。歴代モデルのなかにはダッシュボードやドアトリムも含めて内装色が複数用意されており、明るい内装色やシートカラーが選べるのがカローラの特色のひとつであった。シートカラーすらブラックしか選べないのは筆者個人としては非常に残念である。

画像ギャラリー