新車発表時には軽量化を謳うメーカー多数! 市販車にとって重さはデメリットでしかないのか (1/2ページ)

新車発表時には軽量化を謳うメーカー多数! 市販車にとって重さはデメリットでしかないのか

運動性能だけでなく軽ければ軽いほど燃費には効果絶大

 自動車の運動性能を上げるのに効果的なのは軽量化、と言われている。そのため、自動車メーカーも開発段階で軽量化に力を入れているのはご存じのとおり。例を挙げると、スズキが現在使用している新しいプラットフォームである「HEARTECT」はかなりの軽量化が施されており、同プラットフォームを使用しているアルトの最軽量グレードは610kgとなっている。これは先代モデルの710kgを大幅に下まわる数値であり、軽量化への力の入れようがわかるだろう。

【関連記事】パワーだけでも軽いだけでもダメ! パワーウエイトレシオに優れた国産スポーツモデルTOP5

軽量化画像はこちら

 もちろん、ただ軽くするだけではなく、剛性や安全性なども考慮して開発しなければならないため、軽量化とひと口で言ってもたやすいことではないのは言うまでもない。

 メーカーが軽量化を推し進める理由としては、運動性能の向上だけではなく、燃費性能の向上にもつながるというのが大きなところだろう。当然、同じエンジン、同じミッション(ギヤ比)で考えれば、車体が軽量なほど燃費に有効なのは言うまでもないからだ。軽量化画像はこちら

 サーキット走行などをメインで楽しんでいるユーザーの車両では、リヤシートはもちろん、助手席や内装パネル、エアコンなどの快適装備まで取っ払って、いわゆる“ドンガラ状態”まで軽量化している人も少なくない。

画像ギャラリー