各メーカー開発に勤しむも実現できたのはコムスのみ! 超小型EVが普及しないワケ (1/2ページ)

各メーカー開発に勤しむも実現できたのはコムスのみ! 超小型EVが普及しないワケ

実際に公道を走れる超小型EVはコムスのみ

 超小型モビリティとして、二人乗りEVに各自動車メーカーは取り組んできた。そして、第46回東京モーターショーでは、トヨタが来年発売する予定として具体的な車両を出展している。

 一方で、これまで実際に公道を走行できる超小型EVは、トヨタ車体が製造するコムスのみといっていい。これは、一人乗りの超小型EVだ。最高時速60kmで、後輪駆動。価格は約80~90万円である。個人向けから、配達などの業務用の仕様も用意されているが、クルマ的なドアがなく、キャンバス地のドアのみとなるので、どちらかといえばバイク感覚に近い乗り方になるだろう。

【関連記事】噂のなかにはウソもある! 今夏の酷暑に起きた「電気自動車のホント」3つ

超小型EVはなぜ普及しないのか画像はこちら

 トヨタがモーターショーに出展したのは、かつてトヨタが販売していたiQのように、あくまでクルマであることを基本としている。ドアがあり、衝突安全にも対応している。二人乗りの仕方は、左右に座るようにしている。こうなると、軽自動車の小型版の感じで、季節を問わず、また雨の日でも濡れずに移動でき、小さくてもクルマという利用の仕方になるだろう。

超小型EVはなぜ普及しないのか画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報