いつの時代もクルマ好き憧れの存在! ProPILOT2.0を搭載した日産スカイラインの魅力 (1/3ページ)

いつの時代もクルマ好き憧れの存在! ProPILOT2.0を搭載した日産スカイラインの魅力

大マイナーチェンジを敢行し、運転好き御用達

試乗&リポート
島下泰久

 モータージャーナリスト。主な著作として「間違いだらけのクルマ選び(草思社・刊)」など。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日産スカイライン

 ハンズオフ、要するに手を離した状態での運転を可能とするProPILOT2.0の搭載が話題の新型日産スカイラインだが、注目すべきは決してここだけではない。先進装備も走りも、そしてデザインも、見どころ盛りだくさんの1台に仕上げられている。

 まず視線が向かうのがデザイン。Vモーショングリルを用い、日産マークが輝くフロントマスクや、往年の丸テールを意識させるテールランプ等々によって、そのアイデンティティが格段に明確にされている。改良前も美しい姿かたちだったが、出自が明確なほうがやはり愛着も湧くというものだろう。

 北米向けにはすでに展開されていた、3リッターV6ターボエンジンの設定もトピックだ。スカイラインのイメージとの親和性が高いのは明らか。しかもトップグレードとして高性能版400Rまで設定されたのだから注目せずにはいられない。

 今も日本のスポーツセダンのトップブランドであるスカイライン。その大きな進化は、すべてのクルマ好きへの嬉しいプレゼントと言っても過言ではない。

高速道路&自動車専用道で機能「ハンズオフ運転」の真相に迫る!
ProPILOT2.0テスト日産スカイラインProPILOT2.0 ここが凄い その1
高速道路の単一車線でハンズオフがキープ可能

 ハンズオフ体験は、やはり驚きだ。最初は生まれて初めての体験でおっかなびっくりだが、すぐに信頼して、当たり前のように手を離している自分がいる。これは車線中央維持の精度、ライントレースの正確性などが際立っているからこそ。3D高精度地図データを用い、DASを活かして緻密に車両を制御することで、これまでのACCにはない快適な走行を実現しているおかげで、安心してハンズオフできるのだ。

 ただ、あくまで運転に関わる責任を負うのはドライバー。各種センサーやカメラにより、ドライバーがすぐ運転に復帰できない状態では作動しない。要は手放しで何か別のことをしていいわけではないのだが、解放される時間を手にできる。また、不意に訪れる気の緩みなどの際にも効果的な、超高性能安全運転支援デバイスと考えただけでも大いに価値がある。これがProPILOT2.0の第一印象だ。

ProPILOT2.0

操作方法
右側の青いProPILOTスイッチを押し、「CANCEL」ボタンを押し下げると始動。システム作動時、追い越しなど車線変更支援をさせる際は右上の車線変更承認スイッチを使用する。日産スカイライン

 インパネ上部の赤外線カメラ「ドライバーモニター」で走行中の運転者の目や鼻の位置、目の開閉状態を検出し、前方を注意していない場合発報する。日産スカイライン

日産スカイライン
ドライバーがすぐに運転復帰できる状況で作動する

画像ギャラリー