クルマだけが主役じゃない大転換を図った東京モーターショー2019! 成功と言われるも海外が下した厳しい評価 (1/2ページ)

クルマだけが主役じゃない大転換を図った東京モーターショー2019! 成功と言われるも海外が下した厳しい評価

来場者は前回から倍増の130万人!

「来場者100万人を目指す!」。 第46回東京モーターショーを主催する日本自動車工業会が掲げた目標だったが、結果はなんと130万人を達成した。2年前の先回が77万人だったので、ほぼ倍増。ただし、これには「裏」がある。一部の会場を入場料無料で開放したから、単純に入場者が増えたのだ。気になる無料入場と有料入場の割合については未公開だ。

 無料入場となったメイン会場が「フューチャー・エキスポ」。トヨタの商業施設MEGA WEBを流用して、未来を感じてもらうためのエンターテインメント満載の空間とした。仮想現実を体験できるコーナーなど、これまで東京モーターショーに来なかった家族連れが気軽に触れることができるアトラクションがいっぱい。特別イベントしては、ネット上でスポーツゲームを競うEスポーツ大会も人気を博した。

第46回東京モーターショーに対する海外の反応

「フューチャー・エキスポ」では、外国人の姿もよく見かけた。彼らは報道関係者ではなく、一般の旅行客だ。東京観光でお台場に来たついでに、ぷらっと寄ってくれたようだ。

画像ギャラリー