VIP御用達間違いなしのフルサイズワゴン「トヨタ・グランエース」が登場! 来月中旬より発売で620万円から (1/2ページ)

VIP御用達間違いなしのフルサイズワゴン「トヨタ・グランエース」が登場! 来月中旬より発売で620万円から

存在感のあるデザインと高級感あふれる内装に仕上げた

 トヨタ自動車はビッグサイズの高級ワゴン「グランエース」を、全国の販売店を通じて12月16日に販売する。ふたつのグレードを設定し、価格(税込み)は3列シート6人乗りの「Premium」が650万円、4列シート8人乗りの「G」が620万円。年間販売目標台数は600台に設定している。

 グランエースはスペイン語で「大きな・偉大な」を意味するグランと、英語で「第一人者・優れた者」を意味するエースからの造語。セミボンネット・パッケージを採用し、上質な室内空間と静粛性や走行安定性など磨き抜かれた基本性能の高さが特徴的だ。存在感を強調した外形スタイルに、華やかな運転席周りや心地よい後席空間のデザインが特徴をより際立たせている。

【関連記事】なぜグランエースとして導入? 新型ハイエースが日本で「ハイエース」を名乗らないワケ

グランエース画像はこちら

 エクステリアには金属調加飾の大型ラジエターグリルをヘッドライトと融合させ、存在感あるフロントビューに仕上げた。特徴的なLEDデイタイムランニングライトとクロム加飾フレームで囲んだプロジェクター式2眼LEDヘッドライトにより、高級車にふさわしい先進性を強調。またクラッディングパネルとリヤバンパーの下端まで連続した金属調加飾モールが、より低重心を印象付けるとともに同等とした佇まいを演出している。

 リヤにはフロントデザインと呼応し、特徴あるデザインのLEDコンビネーションランプとバックドアガーニッシュを組み合わせ、高い位置にレイアウトすることで堂々とした風格を表現。足もとは17インチタイヤに設定された削り出しの質感と金属調塗装が特徴的なアルミホイールがより高級感を演出する。グランエース画像はこちら

 全長5300mm、全幅1970mmのワイドなサイズにも関わらず、最小回転半径5.6mを達成。最適なステアリングの切れ角とギヤ比の設定によりタイヤの滑らかな動きを可能とし、市街地での取り回しの良さを実現した。グランエース画像はこちら

 パワートレインは2.8Lクリーンディーゼルターボエンジンと6速オートマチックトランスミッションを組み合わせた。高級車に求められる滑らかさや静粛性に加えて、低回転からトルクフルな走行を実現し、WLTCモード走行燃費は10.0km/Lを達成。また、DPRや尿素SCRシステムを採用することで、窒素酸化物を大幅に削減し、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」にも適応する。グランエース画像はこちら

 FRレイアウトを採用したことで、アンダーボディはサイドメンバーをストレートに通すストレートラダー構造とし、フロア面のねじれ剛性を確保。さらには各ピラーをアンダーボディと結合した環状骨格構造を用いて高剛性ボディを実現した。サスペンションにはフロントにマクファーソンストラット式独立懸架、リヤはトレーリングリンク車軸式を採用。高いボディ剛性に対してサスペンションジオメトリの最適化やストロークの確保することにより、接地感ある上質な乗り心地と高い走行安定性を実現する。グランエース画像はこちら

 エンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を使用するなど、制振材と吸遮音材を効果的に配置。さまざまな路面環境においても高級ワゴンにふさわしい優れた静粛性を追求した。

 そのほか、低くワイドなインストルメントパネルにメーター配置を工夫することで広々とした前方視界を確保。さらにフロントビラーのスリム化や三角窓の拡大、低いベルトラインなどを取り入れたことで、優れた側方視界も確保した。

 外装色には上質感際立つ華やかなホワイトパールクリスタルシャイン(オプション設定)に加え、洗練された高級感漂うブラックやシルバーメタリック、グレーメタリックの全4色を用意する。グランエース画像はこちら

画像ギャラリー