プロパイロットの制御がより自然に! 日産リーフが2020年2月にマイナーチェンジすることを発表

プロパイロットの制御がより自然に! 日産リーフが2020年2月にマイナーチェンジすることを発表

ドライブから駐車まで使える安全機能が充実!

 日産自動車は、日本を代表する電気自動車「リーフ」をマイナーチェンジし、2020年2月より発売すると発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、332万6400円(S/40kWh)〜499万8400円(e+ G/62kWh)。

【関連記事】「クルマとしていいものを作ろう」開発責任者が新型日産リーフで示すEVの「当たり前化」

日産リーフがマイチェン画像はこちら

 今回の改良では、運転支援技術「プロパイロット」や「プロパイロットパーキング」の制御を変更。よりドライバーの運転操作感覚に近づけることで、自分で運転しているかのようなフィーリングを与えている。さらに、全方位運転支援技術を拡充したことで、ドライバーがより安心してドライブを楽しむことが可能となった。

 具体的には、プロパイロット作動時のストレスを軽減するべく、下り坂での設定速度保持、スムースな減速を可能にするブレーキ操作を実現している。プロパイロットパーキングは、駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間を短縮。また、ステアリングの据え切り操作を減らすといった、制御の最適化が図られている。これにより、車庫入れや前向き駐車の時間を約20%短縮している。

 さらに、全方位運転支援技術は、車線変更時に斜め後方の車両との接触回避をアシストしてくれる「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」を新採用。ドライバーの気が付きにくい危険を察知することが可能になった。

 そのほか、カーナビとスマートフォンを連携させ、クルマに乗る前の現在地からクルマを降りてから向かう最終目的地までの道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」に、目的地途中で帰りの充電プランを提案する日産初のEV専用機能をプラスさせている。また、通信によってナビゲーションの地図データを更新できる機能や、車内にWi-Fi環境を用意できる「docomo In Car Connect」といったサービスも新採用した。また、Googleのサービスを利用した目的地検索やストリードビュー、航空写真の確認など日産初のサービスも与えられている。日産リーフがマイチェン画像はこちら

 また、アプリを使用して離れた場所から愛車のドア閉め忘れがないか確認できる「リモートマイカーチェック/リモートドアロック」、家族の運転状況(速度/時間/エリア)をスマホアプリで確認できる機能などもプラスした。

 加えて9インチの大画面「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」を標準装備。ビビットブルーやステルスグレーなど、新色4色を新たに追加している。日産リーフがマイチェン画像はこちら

 同時に、ファクトリーカスタムカーであるAUTECHも改良モデルを発表。オーロラフレアブルーパールのボディカラーに、スーパーブラックのルーフ色を設定し、個性的な2トーン仕様を用意した。日産リーフがマイチェン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報