便利で人気のスライドドア! ジェイドやプリウスαなど低全高ミニバンに採用されない理由とは (1/2ページ)

便利で人気のスライドドア! ジェイドやプリウスαなど低全高ミニバンに採用されない理由とは

一大ミニバンブームのころはヒンジ式のリヤドアが多かった

 かつての一大ミニバンブームのころは、ミニバンといってもスライドドアだけでなく、トヨタ・ウィッシュやホンダ・ストリームのようなヒンジ式リヤドアを採用するクルマがヒット。日本のミニバンブームを牽引したホンダ・オデッセイも、初代から4代目まではヒンジ式リヤドアだったのだ。

 とはいえ、今ではミニバンと言えば両側スライドドアが常識。2019年11月の乗用車販売台数ランキングで上位を占めるミニバンはトヨタ・シエンタ、アルファード、ヴォクシーやホンダ・フリード、日産セレナなどで、いずれも両側スライドドア車なのである。

【関連記事】スライドドアのミニバン全盛時にあえてヒンジドアのミニバンを選ぶ利点とは?

スライドドアは低全高型ミニバンになぜ採用されない画像はこちら

 現時点でヒンジ式リヤドアを採用する3列シート車は、国産車ではトヨタ・プリウスα、ホンダ・ジェイドぐらいのもので、極めて少数派になっている。それは当然だ。ミニバンは広大な室内空間だけでなく、乗降性も命の多人数乗車。横開きのスライドドアなら両側にクルマが止まっていても、ドアを外側に開くことなく乗車でき、ワンステップフロアなら子供もシニアもペットも乗降楽々。しかも、全高がたっぷりあるから、背中を大きく曲げなくても乗降できる。さらに電動スライドドア+ハンズフリーオートスライドドア機能付きなら、足先を動かすだけでスライドドアが開閉するのだから、両手に荷物を持っているとき、雨の日に傘をさしているときなど、じつに便利なのである。

 では、プリウスαのような低全高型のミニバンには、どうしてスライドドアが採用されないのだろうか?

スライドドアは低全高型ミニバンになぜ採用されない画像はこちら

画像ギャラリー