輸入車だけど嫌味なし! クルマ好きが悶絶する「ツウな」輸入車5選 (1/2ページ)

輸入車だけど嫌味なし! クルマ好きが悶絶する「ツウな」輸入車5選

古き良きフランス車が堪能できる一台も!

 今も昔も、輸入車の販売はドイツ御三家ブランドがランキングの上位を占める構図は変わらないが、クルマの多様化は進んだ。どのブランドもSUV比率の上昇が著しく、輸入ブランドのSUVはオシャレで今時っぽいが、「おぉ! ツウだね!」とクルマ好き層が唸るマニアック感は乏しい。

 その一方、クルマ好きの琴線に触れる輸入車マニア向けモデルもじつは少なくない。そこで今回は、輸入車ならではの魅力を満喫しながら、嫌味にもならず、現実的に買いやすい価格の注目モデルをピックアップしてみた。

1)ルノー・ルーテシア ゼン

 典型的な欧州のベーシックモデルの良さが満喫できる1台。0.9リッターの3気筒ターボエンジンは90馬力しかなく、車重は割と重めの1130kgなので、パワーウエイトレシオなどスペック的には頼りなさすぎる感があるが、欧州の実用車らしく数値によるイメージを覆してくれる。

ツウぶれる輸入車

 もっと排気量の大きなNAエンジンのようなトルク感があり、最近の欧州ダウンサイジングターボの出来の良さに驚かされるだろう。MTも5速で十分にこと足りる。格下のトゥインゴよりもさらに安い価格(約208万円)ながら装備や質感に不足はないし、ルノー車らしい骨太感のあるシャーシや作りの良いシートにより、長距離ドライブにも最適だ。

2)プジョー208スタイル

 これも典型的な欧州のベーシックモデルだ。1.2リッターエンジンはNAの3気筒で82馬力ながら車重は1040kgと軽量。これもスペックのショボさが信じられないほど走りに不満はなく、エンジンサウンドも意外なほど野太くスポーティなので、国産の最廉価小型車にありがちな貧乏くささは皆無。以前はATもあったが、今ではMTしか選べなくなっているのがまた渋い。

ツウぶれる輸入車

 ふにゃっとした手応えの奥にある粘り気の強いグリップ感はまさに「ネコ足」そのもの。185/65R15という穏やかなタイヤサイズも相まって、古き良きフランス車が堪能できる。最近のフランス車は出来が良くなった分、味が薄れた感を残念に思っていた人にオススメしたい。

画像ギャラリー