万年人気のセレナ・ノアヴォク・ステップワゴン! 年度末決算「買いのグレード」をズバリ指南 (1/2ページ)

万年人気のセレナ・ノアヴォク・ステップワゴン! 年度末決算「買いのグレード」をズバリ指南

ライバル同士であるからこそ価格は割安に設定されている

 最近はSUVの人気が高まっているが、ファミリーカーの代表はミニバンだ。今は大半の車種の全高が1700mmを上まわり、後席側のドアはスライド式だから乗り降りもしやすい。

 とくに全長が4700mm前後のミドルサイズミニバンは、3列目シートにも余裕があり、多人数乗車も快適だ。3列目を畳めば、4名で乗車して、自転車などの大きな荷物も積める。しかも街なかでも運転しやすい。機能のバランスが良いので、売れ行きも好調だ。

売れ筋ミニバンで買いのモデルとグレード

 2019年にミドルサイズミニバンの販売1位となった日産セレナは、1カ月平均で7746台を登録している。トヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3姉妹車は、全車を合計すると、1カ月平均で1万5265台を売った。小型/普通車で車名別販売1位のトヨタ・プリウスが、1カ月平均で1万466台だから、ヴォクシー系3姉妹車の売れ行きは凄い。ホンダ・ステップワゴンも4390台で中堅レベルに位置する。

売れ筋ミニバンで買いのモデルとグレード

 そしてセレナ、ヴォクシー系3姉妹車、ステップワゴンは、激しい販売合戦を展開するライバル同士だから、価格を競うように割安に抑えている。この3モデル間で、値引き額や下取り車の査定額などを競争させ、購入条件を好転させると良い。

画像ギャラリー