これが次世代のクルマのドレスアップ&チューニング! TCDがカスタマイズの祭典で公開した「最強モデル」とは

これが次世代のクルマのドレスアップ&チューニング! TCDがカスタマイズの祭典で公開した「最強モデル」とは

今後の方向性を示唆する? コラボモデルが大阪初上陸

 トヨタのワークスブランドであるTRDとモデリスタ。今回は先に開催された東京オートサロン2020に引き続き、両ブランド初のコラボレーションである「アンビエント”RD”プリウスPHVコンセプト」を中心に展示した。このコンセプトモデルは、TRDの技術力とモデリスタのデザイン力を結集させた、初の共作である。

 デザインは前述の通りモデリスタが担当。プリウスPHVをベースに、グリルレスの近未来的なデザインを採用する。リヤは航空機の垂直尾翼をほうふつとさせるデザインである。普段は縁石に当たらないようにリフトアップし、走行時に下がる可変式フロントスポイラーを装備。ホイールはリムを限界まで細くしつつ、カバーを装着することで空気の流れにも配慮している。ドアミラーは廃止しカメラを採用するが、空力に効果があるフィンタイプのスポイラーを装着。サイドステップは後端部にスリットを設け、リヤホイールハウス内を整流している。

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

 出来上がったエクステリアデザインをもとに、TRDのCFD解析チームがシミュレーションを実施。可変式フロントスポイラーやボディサイド後方のウイングレットなどはシミュレーションの結果微調整が行なわれ、実際に効果があるエアロパーツとして開発されているのだ。

 ブース内で行なわれたトークショーでは、モータージャーナリストの五味康隆さん、山本シンヤさんが登壇。同コンセプトについて、担当デザイナーと丁々発止のやり取りを繰り広げた。

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

「機能性を追求したTRDと、ファンに訴えかけるデザインが得意のモデリスタのいいところをうまく融合しています」 とは山本さん。

 五味さんは「メーカー直系のブランドとして、カスタマイズの今後を見据えたコンセプトと言えます。提案性があっていいですね」とコメント。

 このコンセプトカーのトークショーは「ネクストカスタマイズストーリー」と名づけられていた。両ブランドの「次世代のカスタマイズ」の答えがこのクルマに隠されていたということだ。「機能」と「デザイン」の両立というTRDとモデリスタだからできるカスタマイズなら、これからもクルマの新しい楽しさを提案してくれるに違いない。

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

 そのほかブースには最新デモカーが集結!

RAV4 TRD “Field Monster”

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

 よりオフロード志向を求めたカスタマイズが施されている。専用ルーフキャリアはパノラマムーンルーフを活かすために敢えて前側に被らないように配慮しているほか、リフトアップも10mmアップに留めることでハンドリング性能悪化を最小限に留めた。

TRD HILUX

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

 ハニカムメッシュを採用したフロントグリルやアンダーカバー、サイドステップ、スポーツバー、オーバーフェンダーなど、ハイラックスがよりワイルドな印象になるTRD製カスタマイズパーツを装備。ハイレスポンスマフラーも設定する。

ALPHARD / VELLFIRE MODELLISTA

 昨年一部改良したアルファード/ヴェルファイアに併せ、モデリスタに設定されていたカスタマイズパーツが変更を受けた。

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

 フロントスポイラーはよりアグレッシブになり、5本ダブルスポークの新意匠のアルミホイールを採用している。

TCDが大阪オートメッセで公開したコンセプトモデル

画像ギャラリー