【試乗】最上のコペンが誕生! コペンGR SPORTをさらに進化させるGR PARTS驚異の実力 (1/2ページ)

【試乗】最上のコペンが誕生! コペンGR SPORTをさらに進化させるGR PARTS驚異の実力

ベースモデルに対してGR SPORTは引き締まった走りを披露

 数少ない軽カテゴリーのなかで存在感を示すコペンは、本来ダイハツが開発し、販売してきたモデルだ。それが2019年10月よりトヨタ自動車とのコラボレーションにより「コペンGRスポーツ」として進化したグレードが登場、トヨタ自動車の販売店でも購入できるようになった。トヨタのモータースポーツを象徴する部門であるGR(GAZOO Racing)の名を冠するだけに、コペンGRスポーツはその名に恥じない内容を授けられ、オリジナルのダイハツ・コペンから大きく進化している。

 今回、そのコペンGRスポーツをベースに、さらなるチューニングおよびドレスアップパーツがTRD(トヨタ レーシング ディベロップメント)により開発された。そのラインアップはシャシーチューニングからエアロまで幅広く、実際に走行フィールを改善する効果が引き出されているという。

 そこで今回、コペンGRスポーツ標準車とTRDが開発したGRパーツ装着車を用意し走り比べてみた。

 まずは標準車。GRスポーツとなってフロントマスクは精悍になり、シャシーブレース(補強部材)追加による剛性向上など、標準車でも走行性能は進化させられているはずだ。コペンGRスポーツのGRパーツ装着車インプレ

 試乗車は2ペダルのCVT仕様に統一。従来のコペンと動力性能は変わらないが、ステアリングやアクセルペダルの応答性などスポーティなテイストが与えられている。エンジンは7000回転オーバーまで回せ、CVTにはマニュアルモードも設定されているので意図的にシフトすることも可能だ。

 シャシーフロアの剛性が高いがサスペンションが固すぎる印象はない。段差の通過時にバネ下が跳ね、ボディも振動するが、オープン2シーターのパッケージングとしては許容できる範囲だ。ルーフは電動で開閉できるハードトップゆえに重量もある。ボディ振動を受けてルーフの継ぎ目がギシギシと唸るのは仕方ないところ。コペンGRスポーツのGRパーツ装着車インプレ

 標準装着されるタイヤはブリヂストンポテンザRE050で、165/50R16サイズが装着されている。構造的にもコンパウンド的にも固いフィールがあり、シャシー剛性とぶつかりあってハーシュ(突き上げ)感が強めに感じられるが、スポーツカーとしては不満を感じるほどではない。タイヤをしっかり機能させるには荷重移動を確実にしなければならないが、サーキット走行のような限界走行域でなければそれは不可能で、一般道では固さからイメージするスポーティさを楽しむことが主要テーマのようだ。コペンGRスポーツのGRパーツ装着車インプレ

画像ギャラリー