お金がない人が買うクルマじゃない! ノンターボの軽自動車を選んで後悔しないケースとは (1/2ページ)

お金がない人が買うクルマじゃない! ノンターボの軽自動車を選んで後悔しないケースとは

いま販売台数ランキングの1位から6位までを軽自動車が独占

 いま日本でもっとも売れているクルマは軽自動車、それもスーパーハイト系、ハイトワゴン系である。その勢いのすごさは、2020年2月の新車販売台数を見ればわかる。

 軽自動車の販売台数トップ6は、1位のホンダN-BOX19177台に続き、日産デイズ15495台、ダイハツ・タント14496台、スズキ・スペーシア13945台、ホンダN-WGN11121台となる。一方、登録車と呼ばれる乗用車は、1位のトヨタ・ライズ9979台に続き、日産ノート9913台、トヨタ・カローラ9898台、日産セレナ8647台、トヨタ・アクア8433台、トヨタ・シエンタ8266台である。つまり、2020年2月にもっともに売れたクルマは1位から6位まで軽自動車が独占。7位にライズということになる。

NAの軽自動車選んで後悔しないケース

 そんな売れに売れている軽自動車だが、ご存じのように、標準的なNAエンジンと、スポーティー&上級グレード用にターボエンジンが用意されている。ターボ車は動力性能の余裕とともに、価格も高い。全グレードに先進安全支援装備のホンダセンシングを標準装備するN-BOXを例に挙げると、NAの最廉価モデルはG・Honda SENSING FFの141万1300円。一方、ターボモデルはG・LターボHonda SENSING FFの173万8000円からで、最高価格グレードのN-BOX Custom G・EXターボHonda SENSING 4WDに至っては、212万9600円となる。

 ホンダ新型フィットの1.5リッターガソリンのHOME FFが171万8200円、そのハイブリッド版のe:HEV HOMEが206万8000円なのだから、軽自動車のターボモデルは、装備充実とはいえ、かなり高価な買い物となることがある。

NAの軽自動車選んで後悔しないケース

 ところで、軽自動車を購入する際、NAとターボモデルで悩むことはないだろうか。しかし、悩んだあげく、価格が安い、という理由だけで、NAモデルを買ってあとで後悔……では残念すぎる。が、逆に、NAモデルを買って良かった、というケースがないでもない。ここではそんなケースについて説明したい。

画像ギャラリー