ズバリ買うべきはどっち? 攻めのヤリスと癒しのフィット徹底比較10番勝負! (1/2ページ)

ズバリ買うべきはどっち? 攻めのヤリスと癒しのフィット徹底比較10番勝負!

キャラクターが大きく異なる注目の2台!

 2020年は国産コンパクトカーの大豊漁祭と言える1年だ。もっとも身近なBセグメントに、ホンダ・フィット、トヨタ・ヴィッツの後継車となるヤリスが登場。これまでのライバル関係が、さらに過熱することは必至と言える。そこで、ここではフィットとヤリスの10番勝負を行ってみた。

1)エクステリア対決

 両車のルックスは対照的と言える。そう、攻めのヤリスと癒しのフィットという関係だ。街中で見ても、鮮烈な色味も用意するシャープなヤリスが目立つ。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

 一方、心地良さをテーマとしたフィットはほのぼのとした存在感。これは好みで、どちらが優れているという勝負にはならない。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

2)インテリア対決

 では、インテリアはどうか。この項目では、BASICグレードを除くフィットの上質感、優しい色使いをメインとした心地良さが優位と感じる人が多いはずだ。言い方を変えれば、スポーティーテイストが好みならヤリス、クルマでの移動中でもリビングルームにいるような感覚でいたいならフィットである。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

 とくにフィットのインパネ周りのファブリック使いの巧みさは、これまでの国産コンパクトカーの常識を覆すものだ。

 さらに、低く、横一直線のインパネ上面と極細Bピラーによる前方、斜め前方の、まるでロマンスカーの最前列席のようなパノラマ視界は斬新。ほかでは見られない運転視界を提供してくれる。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

3)走り対決

 新型フィットはすべてに心地よさというテーマを貫いている。ホンダらしいイケイケな走行性能は影をひそめ、1.3リッターガソリン、1.5リッターのハイブリッドとともに、とにかく自然で心地よい、穏やかさある走りが魅力。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

 一方、ヤリスはMTを用意し、GRモデルのベース車両にもなっていることからも想像できるように、実用コンパクトカーながら、トヨタ最新のプラットフォーム、TNGA採用のスポーティーなテイストも魅力のひとつ。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

4)パッケージング対決

 室内空間はセンタータンクレイアウトのフィットが後席を含め有利なのは当然だ。とくに後席の広さ、先代よりシートに厚みを増した分高まったとはいえ、後席格納時のフラットなフロアの低さは、依然圧巻。リヤドアから重い荷物を出し入れする、大型犬などのペットを乗降させるのも快適そのもの。この要件では世界のコンパクトカートップレベルと言っていい。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

 ヤリスは前席優先のパッケージを特徴とする。後席にも十分なスペースがあったヴィッツより前後席間距離が縮まり、なおかつヒール段差(フロアからシート座面までの高さ)も減っているため、かけ心地は窮屈。後席の広いクルマを望むなら、ルーミーなどのパッケージ至上主義のコンパクトカーをどうぞ……ということかもしれない。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

5)燃費対決

 最新のコンパクトカーだから、燃費性能は悪いはずもない。フィットはJC08モードより実燃費に近いWLTCモードで、1.3リッターガソリンが最高20.4km/L、実際の基準グレードのHOMEで20.2km/L。e:HEVと呼ばれるHVは最高29.4km/L、HOMEで28.8km/Lだ。開発陣の言葉によれば、燃費性能を追求するより、走りの心地よさを優先した、ということだ。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

 一方、ヤリスは1リッターガソリン、1.5リッターガソリン、1.5リッターのHVを用意。WLTCモードは1.0リッターで最高20.2km/L、1.5リッターのCVTで最高21.6km/L、同6速MTで19.6km/L、1.5リッターエンジン+2モーターのHVは最高36.0km/Lとなる(すべて2WD)。つまり、とくにHVのカタログ値の燃費性能では、ヤリスが優位ということになる。

トヨタ・ヤリスとホンダ・フィットの比較

画像ギャラリー