2車線以上ある高速道路で「車線の幅」が異なる理由とは (1/2ページ)

2車線以上ある高速道路で「車線の幅」が異なる理由とは

基本は3.5mだが、交通量が多い道路では例外もある

 高速道路を走っていて、なんとなく第1走行車線(一番左側)と第2車線、第3車線で車線幅(幅員)が違うのでは? と感じたことがある人はそうとう鋭敏な感覚の持ち主かも!

 NEXCO東日本によると、高速道路の車線の幅は、3.5mが基本とのこと。ただし、交通量が多い道路には例外もある。

 具体的には片側3車線の道路の中央の車線(第2走行車線)や、片側2車線では右側の車線(追越車線)などは車線幅が3.75mなっている区間もあるという。

【関連記事】【わずかな速度違反も許さない体制が敷かれた!】劇的な変化が起きている知っておくべきオービスの最新事情6つ

2車線以上ある高速道路は車線の幅画像はこちら

画像ギャラリー