SA・PA標識のアイコン! 「カップ」と「フォーク・ナイフ」では何が違うのか (1/2ページ)

SA・PA標識のアイコン! 「カップ」と「フォーク・ナイフ」では何が違うのか

サービスの内容でSAとPAを区別するのは難しい

 高速道路上におよそ15km間隔で設置されているパーキングエリア=PA(サービスエリア=SAはおよそ50km毎)。

 NEXCO東日本によると、PAはドライバーの疲れや緊張をとるためのサービスを提供している休憩施設で、SAは人とクルマが必要としているサービスを提供できる休憩施設とのこと。

【関連記事】【わずかな速度違反も許さない体制が敷かれた!】劇的な変化が起きている知っておくべきオービスの最新事情6つ

SA・PAの案内標識の「カップ」と「フォークとナイフ」が表す意味画像はこちら

 ただし、SAとPAの厳密定義というのはなく、SAでもレストランやガソリンスタンドがなく比較的こじんまりしているところもあれば、PAでも規模が大きくレストランやコンビニ、ガソリンスタンドがあるところもあり、提供されているサービスの内容でSAとPAを区別するのは難しい……。

 そんなSA・PAでさらに厄介なのは、それぞれの案内標識に書かれている「ナイフとフォーク」のマークと「コーヒーカップ」のマークの違い。

画像ギャラリー