より空いている経路選択に使える! 渋滞情報の「赤い三角マーク」の意味とは (1/2ページ)

より空いている経路選択に使える! 渋滞情報の「赤い三角マーク」の意味とは

渋滞が増加傾向にあることを知らせている

 首都高の道路情報板の渋滞表示を見ると、所要時間の赤く尖った三角マークがついていることがある。東名高速や新東名の道路情報板にもこの三角マークが表示されることがあるが、これは一体どういうメッセージなのだろう? 渋滞中に上向きの三角ということは、「ペースアップせよ」というサイン?

 NEXCO中日本によると、この赤い三角マークは、「渋滞が増加傾向」にあることを知らせる表示とのこと。

 表示されている区間は、

東名:東京インターチェンジ~豊川インターチェンジ間

新東名:御殿場ジャンクション~三ヶ日ジャンクション間

 で、東名で行くか、新東名で行くかの経路選択の判断に役立ててもらうのが表示の目的らしい。

 上記の区間の道路標示版でも、渋滞が縮小傾向にあるときは渋滞区間の距離と所要時間だけが表示され、赤い三角マークは表示されない。

 首都高とNEXCO東日本はもう少し親切で、減少傾向時には右下がりの三角マーク(色は緑)も表示されている。

画像ギャラリー