車検・保険・自動車税にも対応措置! 新型コロナウイルス蔓延による「いま知っておくべき」変更点 (1/2ページ)

車検・保険・自動車税にも対応措置! 新型コロナウイルス蔓延による「いま知っておくべき」変更点

年度末の大混雑を避けるための措置

 新型コロナウイルスの影響で、さまざまな面で滞りが出ているのはご存じのとおり。それに対して猶予措置などで対策が行われているが、自動車関係でもいくつかなされているので、緊急的にまとめてみた。
※2020年3月30日現在

1)車検

 有効期限が2月28日から3月31日までの間に期限を迎える車両については、4月30日(木)まで期限が延長されている。つまり、切れたままで乗っていても問題はなくなるということなる。新型コロナウイルスによる自動車業界の影響

 ひと口に車検といっても税金や保険が関わってくるが、もちろんそれらも含めての延長となる。そこで気になるのが、自賠責保険だ。切れたまま乗っているということは自賠責保険が切れている可能性が高いが(期間キッチリで入らなくてもいいので長めの場合もあり得るが)、こちらについても車検が効果あるものとして扱われる。そのため自賠責保険も掛かっている状態とみなされ、万が一事故を起こしても、通常と同じようにカバーされるのでご安心を。

 実際の車検場での検査は、年度末にかかっていることから各ディーラーの売り上げなども関係して混雑はしてはいるが、無理しなくてもいい人は混雑期は避けたほうがいいだろう。

 また購入と同時、車検と満期が同じになっていることもある任意保険については切れてしまう可能性があるのでチェックしておきたい。

画像ギャラリー