トヨタ・ハイエースが一部改良 安全装備充実でさらに安全なクルマへ

トヨタ・ハイエースが一部改良 安全装備充実でさらに安全なクルマへ

アクセルペダル踏み間違いの衝突被害に貢献する装備も設定

 トヨタ自動車は、ハイエース(バン/ワゴン/コミューター)を一部改良し、5月1日より発売すると発表した。

【関連記事】【今さら聞けない】商用車と乗用車の違いとは?

ハイエースが一部改良画像はこちら

 今回の改良では、車両後方のカメラ映像を映し出すデジタルインナーミラーを採用し、全車オプション設定。さらに、車両を上から見たような映像をカーナビゲーションに表示させるパノラミックビューモニターも採用し、AT車のみにオプション設定としている。ハイエースが一部改良画像はこちら

 このほか、オプティトロンメーターに4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイを採用。視認性を高めている。ハイエースが一部改良画像はこちら

 また、アクセルペダル踏み間違いによる衝突被害軽減に効果のあるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)をオプションで用意し、トヨタセーフティセンス装着のAT車へ装着可能とするなど、安全装備も充実させた。ハイエースが一部改良画像はこちら

 同時にウェルキャブやメーカー完成特装車も、上記と同様の改良を施したほか、衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスの設定拡大を行っている。

主要車型 メーカー希望小売価格(税込み)の価格帯は下記の通り。
バン 219万2000円~411万8000円
ワゴン 288万6000円~399万4000円
コミューター 322万1000円~374万7000円

画像ギャラリー