発売前から話題の新型ハリアー! まだ新しい現行ハリアーからの乗り換えが多い不思議 (1/2ページ)

発売前から話題の新型ハリアー! まだ新しい現行ハリアーからの乗り換えが多い不思議

新車が登場すると販売店は購入しそうな顧客をリストアップする

 2020年4月13日にトヨタ新型ハリアーがデビューした。今回はあくまで発表であり発売は“6月ごろ”となっていて、車両価格も当然ながら公式発表されていないが、すでに販売現場では“予約受注の仮予約”のようなことが進められている。公に“予約受付中”などと告知はしていないものの、ディーラー各社の管理ユーザーを中心に、積極的な販売促進活動が展開されている。しかも、いままでトヨペット系での専売であったハリアーは、この新型からトヨタ全系列ディーラーの全店舗で扱われることになる。人気の高いハリアーなので、新規に扱うトヨタ系ディーラーも色めきだっているはずだ。

 正式発売前の販売促進活動でよく行われるのが、各セールスマンが自分のお客のなかから、購入見込み客をリストアップすることだ。ハリアーのようにフルモデルチェンジ車ならば、歴代ハリアーユーザーをメインに、トヨペット店ならばマークXユーザーあたりもターゲットとされるだろう。そしてリストアップしたユーザーはセールスマンが個別にアプローチするだけではなく、ディーラーからダイレクトメールなどが発送されたりする。

【関連記事】前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

古い型よりも直近のモデルからの新型車への乗り換えが多い理由画像はこちら

 このような歴代ユーザーや、自分の管理ユーザーへの新型車への乗り換えアプローチで興味深い話を聞くことができた、「新型の登場で古いモデルよりも、直近の旧型モデルに乗っているお客様のほうが、新型への乗り換えを決めるケースが多いです」(新車セールスマン)とのこと。ハリアーならば、今回デビューした新型を4代目とすれば3代目のユーザーのほうが、積極的に新型へ乗り換えをするというのである。

画像ギャラリー