トヨタがNTTと提携して進める「コネクティッド・シティ」構想ってなに? (1/2ページ)

トヨタがNTTと提携して進める「コネクティッド・シティ」構想ってなに?

クルマだけでなく暮らしのすべてをつなげることを目指す

 トヨタ自動車の豊田章男社長は、自動車メーカーのトップとして随一のカーガイ(熱心なクルマ好き)として知られている。「うるさくてガソリン臭いクルマが好き」との公言するほどだ。とはいえ、エンジンにこだわるオールドタイプのクルマ好きというわけではない。パラリンピックのプレーヤーとの交流から誰もが自由に移動できる大事さを確認、ハンディキャップがあっても自在に移動するための自動運転テクノロジーへ注力することも、また豊田章男社長は重要だと語っている。

 あらゆるユーザーが満足できるよう、柔軟性を持ってモビリティを開発していくのがトヨタ自動車というわけだ。そんなトヨタが、「Woven City」と名付けたコネクティッド・シティを2021年東富士に設置することを発表したのは2020年の1月。さらに3月にはNTTとの業務資本提携を発表した。この2つの発表は密接につながっている。

 コネクティッド・シティというのは『あらゆるモノやサービスがつながる街』といえる。それはMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)と呼ばれる移動に関するシームレスなつながりだけでなく、AI(人工知能)を利用したスマートホーム技術は、暮らしのすべてをつなげることを目指している。そうして新しいサービスを生み出そうという挑戦だ。

 つまり、トヨタはクルマ単体のビジネスではなく、街や社会といったスケールで考えるフェイズに入っているといえる。また、コネクティッド・シティにおいて欠かせないのは情報通信網の整備であり、その点において日本のトップ企業であるNTTと手を組むことは必然といえる。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

コネクティッド・シティ構想とは画像はこちら

画像ギャラリー