ダイハツ・ロッキーが一部改良 上級グレードでもモノトーンカラーが標準に

ダイハツ・ロッキーが一部改良 上級グレードでもモノトーンカラーが標準に

2トーンカラーはオプションとなったことで選択肢が広がった

 ダイハツは、コンパクトSUV「ロッキー」を一部改良し発売した。ダシンセだ新世代クルマづくりであるDNGAの第2弾商品であり、取り回しのいい5ナンバーサイズながら広い室内空間と大容量ラゲッジルームを備えている。また、17インチタイヤを装着したグレードでは力強いデザインを実現し、幅広いユーザーから人気のSUVとなっている。

 今回の改良では、上級グレードである「Premium」に、モノトーンカラーを追加。これまでは2トーンカラーのみであったが、Gグレード同様にモノトーンを標準化、2トーンをメーカーオプション設定としたことで、ユーザーの選択肢が広がった。

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
Premium 214万5000円(2WD)/236万7200円(4WD)
G 200万2000円(2WD)/222万4200円(4WD)
X 184万8000円(2WD)/208万6700円(4WD)
L 170万5000円(2WD)/194万4800円(4WD)

画像ギャラリー