新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV

新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV

先代よりも迫力アップしたスタイリングに注目

 メルセデス・ベンツ日本は、スタイリッシュなスタイリングが人気のSUV「GLEクーペ」の新型モデルを発表し、注文受付を開始した。納車は2020年6月下旬よりスタートする。

 GLEクーペは2016年に誕生し、今回の新型が2代目となる。ラインアップされるのは、直6ディーゼルエンジンを搭載するGLE400d 4MATICと、48V電気システム&電動スーパーチャージャーを組み合わせ、可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の4輪駆道システム「AMG 4MATIC+」を採用するメルセデスAMG GLE53 4MATIC+の2モデルだ。

GLEクーペの新型モデル登場

 ボディサイズは先代モデルと比較し、全長は+65mm、全幅は+5mm、全高は−15mmと存在感あるスタイリングに進化。ホイールベースも+20mmとなっているが、GLEよりも60mm短いため、スポーティさがより際立っている。

GLEクーペの新型モデル登場

 フロントマスクは、メルセデス・ベンツのSUVがもつ特徴と、クーペらしさを強調するデザインを融合。シングルルーバーのダイヤモンドラジエーターグリルは、メルセデス・ベンツのクーペモデルのデザインを踏襲している。ルーバー開口部は、フロントアンダーガードのような、SUVをらしい特徴を与えている。AMGラインは、グリルは下向きかつA字型に広がっており、ダイヤモンドラジエターグリルのピンにはクロームを用いた。

GLEクーペの新型モデル登場

 インテリアは、高級感あふれるデザインと、MBUXなど最新のデジタル技術が融合している。ダッシュボードには12.3インチのワイドディスプレイとコックピットディスプレイを装備し、1枚のガラスカバーで融合。ドアパネルまで流れるような先進的なデザインとしている。また、センターコンソールには、SUVモデルならではの装備として、大きなグラブハンドルを左右に設けている。

GLEクーペの新型モデル登場

 7名乗りとなるGLEと比較すると、5名乗車のクーペスタイルのためスペースはどうしても狭くなってしまう。しかし、先代モデルよりホイールベースは20mm長くなっているため、乗員のレッグルームはしっかりと確保する。

 ラゲッジルームは先代よりも70リットル増加した、655〜1790リットルと十分な積載性をもつ。また、AIRMATICサスペンションを搭載しているため、荷物の積み下ろし時はボタンを押すだけでテールエンドを50mm下げる機能も備えている。

GLEクーペの新型モデル登場

 両手がふさがっているときでも、リヤバンパー下部に足を近づけるだけでセンサーが感知してテールゲートを開閉できるフットトランクオープナーも標準装備する。

GLEクーペの新型モデル登場

 そのほか、各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シートや照明といった設定を統合的にコントロールし快適性を高めるエナジャイジングコンフォートも装備。「リフレッシュ」「バイタリティー」「トレーニング」の3プログラムから選択が可能となっている。

 また、エナジャイジングコーチ機能を使用すると、高度なアルゴリズムに基づき、走行時間を加味しつつGarmin製スマートウォッチを装着時にドライバーのストレスレベルや睡眠の質など個人データも活用し、ドライバーをサポートしてくれるモードも提案される。さらに、シートクッションとバックレストのわずかな動きによって、着座位置の変更をサポートする「エナジャイジングシートキネティクス」も装備する。

 もちろん、ハイメルセデスでさまざまな情報を得られるMBUXも標準装備。Qi規格対応のスマートフォンをワイヤレス充電可能な機能や、テレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」も標準化している。

 GLE400d 4MATICに搭載されるパワートレインは、最高出力330馬力/最大トルク700N・mを誇る3リッター直6クリーンディーゼルエンジン「OM656」。トランスミッションは9速ATだ。足まわりはAIRMATICサスペンションとなり、走行条件に応じて4輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムと組み合わせたことで、快適な乗り心地とダイナミックな走行性能を両立する。

GLEクーペの新型モデル登場

 GLE53 4MATIC+では、直6エンジンにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と48V電気システム、さらに電動スーパーチャージャーを組み合わせたパワーユニット「M256」を搭載。最高出力は435馬力、最大トルク520N・mを発揮する。低回転時は電動スーパーチャージャーが過給することでターボラグを解消。トランスミッションはダイレクト感のある素早いシフトチェンジが可能な電子制御式9速AT「AMGスピードシフトTCT」を搭載する。シフトダウン時の自動ブリッピング機能や、レーススタート機能などでダイナミックな走りを楽しめる。

GLEクーペの新型モデル登場

 パフォーマンス志向の4輪駆動システム「AMG 4MATIC+」のほか、走行安定性を高めるAMGアクティブライドコントロールを搭載。前後アクスルに配されたアクチュエーターが独立して動くことで、車体の安定化を図るというものだ。

 もちろん、最新世代の運転支援システムを標準装備。事故軽減や運転披露の軽減に貢献してくれる。

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ 1186万円
メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ 1421万円

画像ギャラリー