お手軽&激安で「音」がよくなる不思議! クルマの「デッドニング」とは (1/2ページ)

お手軽&激安で「音」がよくなる不思議! クルマの「デッドニング」とは

純正でも音質は向上しているが改善の余地はある

 最近のクルマはさまざまな箇所の質感が高まっているが、オーディオもそのひとつ。純正でもまったく問題がないレベルといっていいため、さらにカスタムして音質をよくするというのはマニアックな世界な気がする。

 しかし、純正には限界があるのも事実で、オーディオの場合、じつは顕著だったりする。つまり、ちょっと手を加えるだけで、それなりに音質を上げることができるのだ。対策での代表例が、デッドニングと呼ばれるもの。なにをするかというと、スピーカーが取り付けられている部分の振動を抑えることで、ノイズ的なものを取り除いてやるのだ。

デッドニングとはなにか

「本当にスピーカー部分はビビっているのか?」と思うかもしれないが、ほとんどの車種で、内張りを外してみるとドアの枠に固定されているだけ。つまり薄い鉄のフレームに止めてあるだけなので、どうしても共振してしまう。バラさなくてもいいので試しに音楽をかけて、スピーカー部分や周囲を手で触るとけっこう震えているのがわかるはずだ。

デッドニングとはなにか

画像ギャラリー