ハッキリ言って販売台数は厳しい! それでも日産が次期フェアレディZを作るわけ (1/2ページ)

ハッキリ言って販売台数は厳しい! それでも日産が次期フェアレディZを作るわけ

2021年11月までにZ35の量産が決定した!

 次期「フェアレディZ」、いわゆるZ35の量産が確定した。日産が2020年5月28日にオンラインで行った決算発表および4ケ年の中期経営計画のなかで、「この先18ケ月以内に12の新型モデルを世界市場に導入する」と明らかにしたのだ。

 発表の最後に流れたイメージビデオのなかで、アルファベット「Z」のシルエットが登場し、その雰囲気はまるで70年代の初代S30を彷彿させた。

日産がフェアレディZをなくさない理由

 そのうえで、なぜ日産がフェアレディZを作り続けるのか? そう思う方もいると思う。販売台数で見れば、Z34モデル末期となった現在、日本での月販台数は100台を切るのが珍しくない状況だ。

 日産の内田誠CEOが決算発表で何度の「選択と集中」という言葉を使い、スペインやフィリピンの生産工場の閉鎖に向けた労使交渉を始めると言及している。そうしたなかで今後の販売の大幅増が見込めないZのようなスポーツカーのモデル存続が難しくなってもおかしくはないはずだ。

日産がフェアレディZをなくさない理由

 それでもZを残すのは、記者会見の発表資料にもあるように、日産という企業とブランドにおける「パッション」の領域に起因する。スポーツカー分野として、「Z」、「GT-R」、そして「スカイライン」の3モデルの画像を組み込み、さらにモータースポーツ参戦の画像も活用した。

日産がフェアレディZをなくさない理由

 日産ブランド存続のため、日産にとってZは必要不可欠な存在であること、改めて強調したかたちだ。

画像ギャラリー