「非力」でも「楽しい」うえに中古が「安い」! 走りを極めた「鈍足グルマ」4選 (1/2ページ)

「非力」でも「楽しい」うえに中古が「安い」! 走りを極めた「鈍足グルマ」4選

軽量ボディで軽快な走りを実現したモデルも存在!

 走りのクルマ、となるとどうしてもエンジンパワーが話題になりがち。とくにハイパフォーマンスなモデルのパワー競争は留まるところを知らず、先日マイナーチェンジを果たしたGRスープラも3リッターモデルでは従来型よりも一気に50馬力近くの出力アップを果たしている。

 しかし、実際問題そこまでのパワーがあったとしても使いきれるシチュエーションは一握り。当然公道ではそのパワーを持て余すのみとなってしまうのだ。

 そこで今回はカタログスペックこそ大したことはないが、実際に乗ってみると走りの楽しさを充分味わうことができるローパワーなクルマたちをご紹介しよう。

1)マツダ・デミオ スポルト(3代目)

 現在ではMAZDA2へ改名し、プレミアムコンパクトというキャラクターになった旧デミオ。現行モデルも15MBというモータースポーツベース車をラインアップし続けるなど、マツダらしいスポーティーさも併せ持っているが、15MBはあくまでベース車ということで、交換前提の部分はベースグレード同等となっている。

【関連記事】燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

デミオスポルトの走り画像はこちら

 一方、先代モデルに設定されていた「スポルト」は、1.5リッターエンジンこそ113馬力を発生する他グレードに搭載されるものと同等のスペックだが(他グレードには1.3リッターもあったが)、専用足まわりや専用ボディ補強、フロント大径ブレーキなどがおごられ、1トンジャストという軽量ボディと相まって軽快な走りを楽しむことができるモデルに仕上がっていた。

デミオスポルトのリヤ画像はこちら

2)日産マーチ12SR

 日本を代表するコンパクトカーのひとつであるマーチ。現行モデルにもNISMOグレードが用意されているが、より手ごろな価格でFFホットハッチを楽しみたいと考えているなら先代モデルに設定されていた12SRをオススメしたい。

マーチ12SRの走り画像はこちら

 搭載されるエンジンはベース車と同じ1.2リッターの小排気量エンジンであるが、オーテックがこのモデルだけに施した専用チューンによってフィーリングは激変。カタログ上のスペックこそ108馬力とお世辞にもハイパワーとは言えないが、アクセルに瞬時に反応する感覚はまさにチューニングエンジンといったもの。もちろん、ボディや足まわりの補強やブレーキ強化もなされていた。

マーチ12SRのエンジン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報