【試乗】ニュル仕込みの新アイテムが効果抜群! スバルWRX S4 STI Sport#は究極の大人スポーツ (1/2ページ)

【試乗】ニュル仕込みの新アイテムが効果抜群! スバルWRX S4 STI Sport#は究極の大人スポーツ

アメリカ限定モデルで採用したパーツを投入!

 モデルライフも後半に差し掛かったと思われるスバルWRX S4に、「STIスポーツ#」なる限定500台のモデルが登場した。音楽で“半音上げる”ことを意味する“#”を掲げ、静的にも動的にも質感を高めたというこのクルマは、STI曰く“STIスポーツの完成形”だという。

 注目は、北米向けのS209に標準搭載となったリヤのフレキシブルドロースティフナーを装備したことだ。荷室を覗くとピンクのバーが目に留まるが、それはドロースティフナー本体を荷物からガードするためのもの。本体はその奥に取り付けられている。リヤダンパー上部には、補強のためのリーンホースが縦に入っているのだが、それをブラケットを介して左右に繋ぎ、ドロースティフナーがグッと引っ張ることでボディにテンションを与え、ボディに生じている“遊び”をなくすことを目的としている。

【関連記事】【今さら聞けない】 スバル車で見かける「STI」って何?

フレキシブルドロースティフナーリヤの装着イメージ画像はこちら

 STIではボディに加わる力の伝達遅れが運転を難しくするという考えのもと、フレキシブルシリーズを展開しているが、その最新アイテムをリヤまわりにも奢ったところが、STIスポーツ#のポイントといっていい。

 もちろん、フロントにも同様の考えのドロースティフナーやフレキシブルタワーバーを標準装備。サスペンションやタイヤ&ホイールを変更せずに、動的質感を高めたというところが興味深い。

フレキシブルタワーバーフロント画像はこちら

 一方で吸排気系も改め、低圧損エアクリーナーエレメントや低背圧マフラー(中間パイプから後半)を変更。カタログ値は変わらないが、過渡域でエンジントルクは約10%の向上を果たしているという。

通気抵抗を低減したエアクリーナーエレメント画像はこちら

 エクステリアは迫力のフロントアンダースポイラーを装備。対してリヤにはバンパーにエアアウトレットを設けているところが特徴的だ。SシリーズやEJ20ファイナルエディションで使ったアイテムが展開され、特別なルックスを手に入れているところが嬉しい。

WRX S4 STI Sport#のスタイリング(リヤ)画像はこちら

画像ギャラリー