久々登場の「本格」国産ホットハッチ! GRヤリスは欧州AWDライバル車に比べて買いか? (1/2ページ)

久々登場の「本格」国産ホットハッチ! GRヤリスは欧州AWDライバル車に比べて買いか?

欧州AWDホットハッチがGRヤリスのライバルに当たる

 2020年1月、東京オートサロンで世界初公開されたGRヤリスが公道を走りはじめた。

 WRCのマニュファクチャラーズタイトルの誇りにかけてトヨタがWRCテクノロジーを全面的にフィードバックして生み出したスポーツカーである。Bセグメントのプラットフォームを基本に、最高出力200kW(272馬力)の1.6リッターターボエンジンは、あえての3気筒としている(WRCで使っているエンジンは4気筒)ため、WRC直系ではないのは明らかだが、だからこそ市販車専用に生み出された贅沢なパワーユニットであることは間違いない。1.5リッター NAエンジンのFFグレードも用意されるが、やはり主役は1.6リッターターボであろう。

【関連記事】元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選

GRヤリスRCグレード画像はこちら

 その1.6リッターターボ車の駆動方式は当然ながら4WDで、トランスミッションは6速MTオンリーの設定というのも漢らしいところ。「GR-FOUR」とネーミングを与えられた4WDシステムの基本構造はオンデマンド式に近いが、リヤ寄りの駆動配分も可能という非常に凝ったメカニズム。とにかく、4WDらしい走りを楽しむためだけに生まれたのがGRヤリスというわけだ。その純度の高い走りは、多くのモータージャーナリストから高い評価を受けているのもご存じのとおりだ。

 それにしても、ハッチバックボディにハイパワーエンジンと4WDの駆動系を搭載するホットハッチというのは、じつは世界的トレンドになっている。具体的に言うとメルセデスAMG A45(2リッター 4気筒エンジン、421馬力)、アウディRS3(2.5リッター 5気筒エンジン、400馬力)、BMW M135i(2リッター 4気筒エンジン、306馬力)といったモデルが、プロフィール的にはGRヤリスのライバルと目される。もっとも、エンジンの排気量や最高出力を見るとGRヤリスがワンランク下に見える。全開性能でいうとライバル視するのはおこがましいだろう。

AMG A45画像はこちら

 さらに言えば、価格的にもまったくライバルという雰囲気ではない。具体的に、日本でのメーカー希望小売価格を並べると、GRヤリスは396万円~456万円なのに対して、メルセデスAMG A 45が798万円~919万円、アウディRS3は850万円、BMW M135iは633万円と明らかに別次元となっているのは一目瞭然。さらにエンジンパフォーマンスの違いを鑑みれば、GRヤリスはライバルに対して力不足に思えてくる。

画像ギャラリー