【試乗】新型レヴォーグに公道で初乗り! アイサイトX付きのSTI Sportが走りも静かさも乗り心地でもベストバイ (1/4ページ)

【試乗】新型レヴォーグに公道で初乗り! アイサイトX付きのSTI Sportが走りも静かさも乗り心地でもベストバイ

新型レヴォーグは1.8リッター直噴ターボに1本化

 スバルと言えばスポーツワゴン、レガシイのイメージを抱いているファンは多いと思う。そして国内版レガシイ・ツーリングワゴンなき後、そのポジションを引き継いだのが、2014年にデビューしたレヴォーグである。

 今回は、2020年大注目車の1台と断言できる、2代目となる新型レヴォーグのGT-H EXとSTI Sport EXの2台を乗り換え、東京から軽井沢を目指す、市街地、首都高、関越道、上信越道、そして軽井沢のワインディングロードを含む約200kmのロングツーリングの機会を得た。そう、待望の初公道試乗である。

【関連記事】スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由

モータージャーナリストの青山尚暉が新型レヴォーグに試乗画像はこちら

 最初にステアリングを握ったのは、話題のアイサイトの進化版、アイサイトXを搭載したSTI Sport EX。その「革新を超える革新」を確かめた。周知のとおり、新型レヴォーグのパワーユニットは1種類。先代の1.6リッター、2リッターに代わり、水平対向エンジンはその中間の1.8リッター直噴ターボに1本化。そのスペックは177馬力/5200-5600rpm、30.6kg-m/1600-3600rpmというもので、先代の1.6リッターの170馬力、25.5kg-mに対して、とくにトルクアップが顕著。全車AWDの燃費性能はJC08モードで16.5km/L、より実燃費に近いWLTC総合モードで13.6km/Lとなっている(ちょっと物足りない?)。タイヤサイズはGT-H EXとともにヨコハマブルーアースの225/45R18となる。

モータージャーナリストの青山尚暉が新型レヴォーグに試乗画像はこちら

 東京・恵比寿がスタート地点だったのだが、幹線道路に出る道は幅が狭く、駐車車両も多いのだが、全長4755×全幅1795×全高1500mmの日本の道にジャストなボディサイズをキープしているから、運転のしやすさは文句なし。体にフィットする自然なサポート性に優れたシートのかけ心地も、これから始まるロングツーリングにぴったりだと思わせる。また、12.3インチのフル液晶カラーメーター、11.6インチの縦型センターインフォメーションディスプレーがもたらす先進感にも心奪われる。そして、新設定のSOSコール、スバルiコール(安心ホットライン)機能よる、何があっても心配なし!! と思える安心感が、日常、ロングツーリングにかかわらず、大いなる余裕を生んでくれることを改めて実感してのスタートだった。

モータージャーナリストの青山尚暉が新型レヴォーグに試乗画像はこちら

 市街地の乗り心地は、18インチの大径タイヤから想像するよりずっと快適だ。いや、上質すぎるタッチと言っていい。エンジンは下からトルクがあり、アクセル操作に対してリニアに反応してくれるので、じつに走りやすい。そして素晴らしく静かだ。水平対向エンジン独特のビートを感じさせてくれるのは走り出し、低回転域のみであり、スバルファン、フラット4ファンとしては物足りないかも知れないが、それが新世代のスバルユニットの正義、持ち味ということだ。

モータージャーナリストの青山尚暉が新型レヴォーグに試乗画像はこちら

 首都高速の入り口から本線に合流する場面では、ちょっと大げさに言えば、新エンジンは電動車的に回転を上げ、ウルトラスムーズに加速する。荒れた首都高の路面を、低重心感覚にして舐めるように走るフラットライドは、上質そのもの。ザラついた路面、継ぎ目越えなどでの乗員にやさしいマイルドさ、サスペンションの収まりも見事というしかない。

画像ギャラリー