三菱エクリプス クロス改良モデル発売! デザインを一新しPHEVモデルも設定

三菱エクリプス クロス改良モデル発売! デザインを一新しPHEVモデルも設定

見た目だけではなく運動性能も進化した!

 三菱自動車は、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のデザインを一新。新たにPHEVモデルも設定し、12月4日より販売を開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、PHEVモデルが384万8900円〜447万7000円、ガソリンモデルが253万1100円〜334万6200円。

【関連記事】三菱エクリプスクロスPHEVは衝撃のコーナリング! 後席装備も充実で「買い」のSUVが誕生【試乗】

エクリプスクロスPHEVのスタイリングイメージ画像はこちら

 まず注目なのがエクステリアデザインだ。デザインコンセプトは「Daring Grace(大胆にして、優雅)」となっており、全長を延長し、前後デザインを一新。これにより、もっと流麗かつ上質なフォルムを実現し、SUVらしさを強調している。フロントマスクは三菱車のアイコンとなっているダイナミックシールドを進化。各種ライト類の配置を変更し、精悍さを高めている。また、バンパー下部にスキッドプレートを採用し、SUVテイストを際立たせた。

 リヤビューは、テールゲートのダブルガラスをシングルガラスとしたことで、流麗なシルエットになるようアレンジ。洗練されたスタイリングに生まれ変わりつつ、スッキリとした後方視界の確保に貢献する。3方向に伸びる立体的なテールランプを高い位置に配置し、被視認性の良さと個性的なリヤビューを両立した。

 分厚いボディパネルやリヤバンパーは、強さや頑丈さを表現。SUVに多く見られた背面装着式スペアタイヤからインスパイアした六角形のモチーフにより、SUVらしさを強調している。ボディカラーは三菱自動車独自の高輝度塗装であるダイヤモンドカラーを2色ラインアップ。従来のレッドダイヤモンドに加え、ホワイトダイヤモンドを追加している。

 プラグインハイブリッドは、アウトランダーPHEVと同様のシステムを搭載。前後1基ずつの高出力モーター、大容量の駆動用バッテリー、2.4リッターMIVECエンジンで構成するツインモーター4WD方式を採用。特性はエクリプス クロスに合わせて最適化したことで、軽快感と安心感のあるハンドリングを実現した。

2.4Lエンジン画像はこちら

 駆動用バッテリーは13.8kWhで、EV航続可能距離はWLTCモードで57.3kmとなっている。モーターのみで駆動するEV走行モード、エンジンで発電し電力でモーター駆動するシリーズ走行モード、エンジンで発生した動力で走行し、モーターがアシストするパラレル走行モードの3つからモードセレクトが可能。走行状況に合わせて選択することで、気持ち良い走りを楽しめる。

バッテリー駆動モード画像はこちら

 また、車内には最大1500Wの電力供給が可能な100V AC電源を設置。アウトドアはもちろん、非常時でも活躍する動力源となる。また、V2H機器を急速充電口に接続すれば、クルマから家に電力を供給することも可能。満充電状態で、一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給可能だ。

コンセント画像はこちら

 四輪駆動制御技術も進化している。ボディ剛性の向上と前後サスペンションを最適化したことにより、S-AWCの効果をより一層引き出せる仕様に。PHEVはツインモーター4WDを基本としたS-AWCを採用。高応答・高精度・高自由度という電動車の特性を活かし、走る・曲がる・止まるという車両運動をより高次元に制御する。また、大容量駆動バッテリーを床下中央に配置したことで、前後重量バランスを最適化、そして低重心化することで上質な乗り心地と操縦安定性を実現した。

 ガソリンモデルは、前後輪へ最適なトルク配分を行う電子制御4WDをベースとしている。前輪左右の制動力を調整し、旋回性を高めるAYCと、制動力を制御するABS&ASCを強調させるS-AWCを採用。サスペンションの最適化と相まって、日常でのドライブでも正確で安定したハンドリングや、滑りやすい路面での高い操縦性を実現している。路面状況に合わせて最適な駆動力を得られるドライブモードは、ノーマル/スノー/グラベルの3種を設定。PHEVは、さらにターマックモードも用意した。

走行モード画像はこちら

 そのほか、機能装備も充実している。プレミアムサウンドシステム「ミツビシパワーサウンドシステム」を、エクリプス クロス専用に設計。最上級グレードにオプション設定している。また、スマートフォン連携ナビゲーションは、内蔵地図による案内はもちろん、Apple CarPlayやAndroid Autoなども利用可能。愛用のスマートフォンを8インチディスプレイに表示させて操作でき、見やすさなども向上させている。

ディスプレイオーディオ画像はこちら

 グレード展開は、PHEVが予防安全機能を標準装備したベーシックグレード「M」、100V AC電源やヘッドアップディスプレイなど装備を充実させた「G」、専用エクステリアやスマートフォン連携ナビゲーションを標準装備した最上級グレード「P」の3グレードを設定。ガソリンモデルは同じく予防安全機能を標準化した「M」、ヘッドアップディスプレイやレーダークルーズコントロールなど装備充実の「G」、スマートフォン連携ナビゲーションを標準装備した「G Plus Package」の3グレードを用意している。

各モデルのメーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
【PHEV】
M 384万8900円
G 415万2500円
P 447万7000円

【ガソリン】
M 253万1100円(2WD)/275万1100円(4WD)
G 286万7700円(2WD)/308万7700円(4WD)
G Plus Package 312万6200円(2WD)/334万6200円(4WD)

画像ギャラリー


新着情報