新型日産ノート「e-POWER 4WD」が正式発表! リーフで培った電動車制御技術を応用

新型日産ノート「e-POWER 4WD」が正式発表! リーフで培った電動車制御技術を応用

先代モデルから4WD性能が大幅にアップ

 日産自動車は、話題の新型コンパクトカー「ノート」に、4WD仕様を正式発表した。2020年度内に発売される予定だ。なお、11月24日に発表した、2WDの新型ノートは12月23日より販売を開始した。

 新型ノートは全グレードにおいてガソリンエンジンを発電機とし、100%モーターパワーで駆動するコンパクトハッチバック。先代モデルにもe-POWER 4WDは設定されていたが、新型では大幅に進化した4WDシステムを搭載した。これまで電気自動車のリーフで培ってきた電動車の制御技術を採用しているという。

 新型では、リヤに先代と比較し約14倍の駆動力を発揮する50kWのモーターを搭載。日産が独自となる、前後独立モーターを緻密に、そして瞬時に制御可能とする技術を用いたことで、ウエットやアイスバーン、深い雪道といったあらゆる路面状況においても力強く安定した走りを実現する。

【関連記事】「売れる」廉価なガソリン車は出さない! 新型ノートが割高でもe-POWERのみという「熱い」心意気を見せるワケ

雪の交差点を走行しているイメージ画像はこちら

 4輪は滑らかに駆動するため、滑りやすい路面においても安定感のある発信や加速を実現。減速時は4輪の減速力を高精度に制御するため、車体をフラットに保ちつつ安定して減速することが可能だ。また、後輪にも回生制御を追加したことで、エネルギー回収効率も向上させている。コーナリング時も、前後の駆動力配分を可変できるため、滑りやすい路面でも高い旋回性能を発揮する。

4WD構成図画像はこちら

メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。
S FOUR 228万8000円
X FOUR 244万5300円

画像ギャラリー