パトカーの「レプリカ」は違法の危険性大! 違法の「境目」とは (1/2ページ)

パトカーの「レプリカ」は違法の危険性大! 違法の「境目」とは

ボディに警察名を入れるのはNG!

 パトカーそっくりのクルマが、北海道のすすきのの繁華街を走り抜け、それを警官そっくりの格好で追っかけている動画がSNSで拡散。最終的には身元が割れ、書類送検となったことで話題にもなった。結局のところ、ハロウィンの仮装として行なったようで、やり過ぎな気がするのは確か。ただし、実際の映像を見てみると、パッと見はうまくできているものの、北海道警察の文字は雑だし、そもそもベースが10代目のクラウンで、20年以上も前のモデルだったりもする。

 結局、身柄は拘束されなかったものの、違法行為ではあった。そこで気になるのはどこまでやると違法なのかということ。仮装というか、警察官のコスプレは見かけるし、ドラマでは劇中をレプリカが走り回っているだけに、作ること自体はご法度ではない気もする。

【関連記事】【噂の真相】パトカーはチューニングされているって本当?

パトカーのイメージ画像はこちら

 実際のところを調べてみると、ダメなのはふたつのポイントで、まずは都道府県の警察名を入れてはダメ。ただこれは法律的には偽証などでの対応となり、ズバリ取り締まる方法はないようだ。

画像ギャラリー


新着情報