喜ばせるつもりが怒りの原因に! 女子のやってはいけない「洗車」のサポート5つ (1/2ページ)

喜ばせるつもりが怒りの原因に! 女子のやってはいけない「洗車」のサポート5つ

知らずにやってしまうとキズつけてしまう原因になることも!

 大切な愛車を手洗い洗車するのは、メンテナンスの基本。ボディのすみずみまで自分の目でみながら洗うことで、知らないうちにキズがついていないか、不具合の予兆が出ていないか、確認することにもつながるからです。いつも愛車をきれいに保っている人は、事故にあいにくい、とまでいわれるほどなんです。もし、ご主人や彼氏がこまめに洗車をする人だったら、「たまには手伝ってあげようかな」と思うのが女心ですよね。一緒にやると、意外に楽しい時間にもなるものです。

 ただ、あまり洗車に慣れていない人や、初めてという人が手伝うときには、ちょっと注意したいポイントが。良かれと思ってやったことが、かえって迷惑だったり、クルマをキズつけてしまう原因にもなりますので、ぜひ覚えてほしいと思います。

1)いきなり泡のついたスポンジでボディをこする

 まず1つ目は、いきなり泡のついたスポンジなどでボディをこすってしまうこと。これはNGなんです。というのは、目にはみえにくくても、クルマのボディの表面には砂やホコリなどがたくさん付着しており、それをまずは水で洗い流してから、カーシャンプーをつけて洗うというのが基本。それをしないと、表面の砂やホコリでボディがキズついてしまうかもしれません。

【関連記事】マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

洗車のイメージ画像はこちら

 また、暑い日や乾燥している日には、カーシャンプーがすぐに乾いてシミなどの原因になりやすいので、さきに水で濡らして泡が乾きにくくするという理由もあります。髪の毛を洗うときもまずはお湯で濡らしますよね。それと同じで、洗車はまず水洗いから、と覚えておきましょう。

2)1つのスポンジでクルマ全体を洗う

 2つ目は、1つのスポンジでクルマ全体を洗ってしまうこと。これもNGなんです。というのは、洗車はボディを洗う用のスポンジと、タイヤ&ホイールを洗う用のスポンジで別々のものを使います。タイヤ&ホイールには泥や鉄粉などの汚れが付着していることが多いので、その汚れが付いたスポンジでボディをこすってしまうと、キズの原因になるのです。

スポンジ画像はこちら

 手慣れた人なら、ボディ用、タイヤ&ホイール用とスポンジを分けているはずなので、どちらか確認してから使うようにしましょう。

ホイールの洗車画像はこちら

画像ギャラリー