新型プジョー5008登場! より洗練されたスタイリングを手に入れた7シーターSUV

新型プジョー5008登場! より洗練されたスタイリングを手に入れた7シーターSUV

全車に先進運転支援システムを標準化!

 グループPSAジャパンは、人気7シーターSUV「5008」の新型モデルを1月27日より発売した。税込価格は460万円〜501万6000円。

 5008は2016年に誕生して以来、30万台以上が販売されてきており、日本においても脱ミニバン派に人気の高いモデルだ。洗練されたスタイリングとクリーンディーゼルによる省燃費性能、そしてプジョーらしい運動性能などが支持されている。

 今回の新型モデルでは、兄弟車ともいえる3008と同様にエクステリアデザインを刷新。縦型のデイタイムランニングライト“セイバー”と、フレームレスになったフロントフェイス。リヤは初のフルLEDテールランプなど、スタイリッシュさに磨きを掛けている。また、5008はサイドウインドウを囲むように配されたクロームのサイドモールによって、5008らしいボディの長さやホイールベースを強調。伸びやかなスタイリングを演出する。

【関連記事】やや「無理矢理」感もあるけどなぜ? SUVが「狭い」3列目シートを用意するワケ

リヤスタイリング画像はこちら

 インテリアも7席独立シートを採用。多彩なシートアレンジはさまざまな用途で活躍すること間違いなし。2列目まですべて倒せば、最大で約1862Lの大容量空間が出現する。3列目シートは床面に沈み込むので、荷物もラクに乗せることが可能だ。

ラゲッジイメージ画像はこちら

 コントラストを高めた12インチ大型ディスプレイ個性的なメーターを搭載する「PEUGEOT i-Cockpit」を3008同様に採用。機能性も高めたインパネとなっている。

インパネ画像はこちら

 もちろん、最新の先進運転支援システムは全車の標準装備。アクティブセーフティブレーキ、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシストなどにより、安全快適なドライブを楽しめる。

安全運転システムのイメージ画像はこちら

 グレードは3種類を用意。最上級モデルとなるGTブルーHDi/GTは、2リッタークリーンディーゼルターボ(177馬力/400N・m)と、1.6リッターガソリンターボ(180馬力/250N・m)を搭載。フルLEDヘッドライトや運転席メモリー付きパワーシート、前席シートヒーターなどの快適装備、悪路走破性を高めるヒルディセントコントロール付きアドバンストグリップコントロールなどを備えている。

GT画像はこちら

 もうひとつのアリュールHDiは、先進の安全運転システムやLEDヘッドライト、ファブリック&テップレザーシート、ダッシュボードのファブリックデコレーションなど心地よさを感じさせるパッケージ。搭載するエンジンは、GT同様の2リッタークリーンディーゼルターボとなる。

5008アリュール画像はこちら

新型5008のグレード構成と税込価格は下記の通り。
5008 Allure BlueHDi 460万円
5008 GT 467万2000円
5008 GT BlueHDi 501万6000円

画像ギャラリー