経済的不安が叫ばれるいま2台の高額車が絶好調の不思議! トヨタ・アルファード&ハリアーが売れるワケ (1/2ページ)

経済的不安が叫ばれるいま2台の高額車が絶好調の不思議! トヨタ・アルファード&ハリアーが売れるワケ

全店舗全車取り扱いがアルファード人気を加速させた

 最近はクルマの価格が高まった影響もあり、軽自動車の販売比率が増えた。2021年1月&2月には、国内で売られた新車の39%が軽自動車であった。

 その一方で、高価格とされるトヨタ・アルファードとハリアーも好調だ。アルファードは2021年1月&2月ともに1カ月の登録台数が1万台を超えた。ハリアーも9000台前後に達する。アルファードの売れ筋価格帯は400〜550万円、ハリアーも350〜450万円だから、昨今の経済状態が厳しいことを考えると、突出した売れ行きだ。

 そこでまずはアルファードがどのようなユーザーに売れているのかを販売店に尋ねた。「アルファードはさまざまなお客さまの間で人気が高い。もっとも多いのはトヨタ車からの乗り替えで、ミニバンではヴォクシー/ノア/エスクァイア、ミニバン以外ではクラウンなどのお客さまが目立つ。BMWなどの輸入車もある。最近はフロントマスクの存在感が強い現行アルファードを街中で頻繁に見かけるようになり、関心を持ったお客さまが多い」。

【関連記事】登録車販売はトヨタが独走! 経済的に厳しいコロナ禍で高収益の「高額車」が売れる理由とは?

アルファード画像はこちら

 アルファードは、上級ミニバンを選ぶユーザーにとって、唯一無二の存在になっている。日産エルグランドは発売から10年以上を経過して設計が古く、ホンダ・オデッセイは全高が1700mm以下だから外観が貧弱に見えてしまう。

オデッセイ画像はこちら

 ちなみにアルファードには、姉妹車のヴェルファイアも用意される。2017年末までは、ヴェルファイアが多く売られていたが、今は状況が一変した。ヴェルファイアの登録台数は、アルファードのわずか10%程度。マイナーチェンジによるフロントマスクの変更で、アルファードの売れ行きがヴェルファイアを追い抜き、2020年にはトヨタの全店が全車を扱う体制に移行したから、販売格差が約10倍まで広がった。全店が全車を扱うと、人気車は好調に売れて、そうでない車種は大きく落ち込む。

ヴェルファイア画像はこちら

 以前、ヴェルファイアの専売店だったネッツトヨタ店からも「最近は新規のお客さまがアルファードを購入したり、ヴェルファイアから乗り替えるケースも生じている」という話が聞かれた。

画像ギャラリー