脇阪寿一さんに直撃! ずばりレーシングチームの「監督」って何をするの? (1/2ページ)

noteで書く
脇阪寿一さんに直撃! ずばりレーシングチームの「監督」って何をするの?

芸能人や他のジャンルのスポーツ選手が監督を務めていることも

 野球の監督は試合の戦略に基づいてスターディングメンバーを決定するほか、タイミングに応じてピッチャーを変えたり、代打を投入したりと選手の起用転換が主な役割だが、レーシングチームの監督はどんな役割を担っているのだろうか?

 国内外に限らず、古くからモータースポーツシーンでは元ドライバーのほか、芸能人や他のジャンルのスポーツ選手がチーム監督を務めていることも珍しくはないが、果たしてチーム監督はどんな仕事をしているのか?

 というわけで、日本で最大の人気を誇るスーパーGTのGT500クラスで、2020年より「TGR TEAM SARD」の監督を務めている脇阪寿一監督を直撃した。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

脇阪寿一さん画像はこちら

 ちなみに脇阪監督はドライバーとして2006年および2009年のスーパーGTでGT500クラスのチャンピオンに輝くほか、2017年には「LEXUS TEAM LEMANS」の監督に就任し、2019年には計2勝をマークして、大嶋和也/山下健太をドライバーズチャンピオンに導くなどチーム監督としても豊富な実績を持つ。間違いなく、現在のレースシーンにおいて“名将”のひとりと言えるだろう。

 一般的にレーシングチームはマシンを運転する「ドライバー」にマシンを整備する「メカニック」、クルマのセットアップを決めていく「エンジニア」など分業となっており、チーム監督はその統括として指揮を行なっているが、脇阪監督は「基本的にレーシングチームの監督として“役割”に決まり事はないし、監督によっても大きく違うと思います」と前置きしたうえで、自身の役割について次のように語っている。

画像ギャラリー


新着情報