クルマが「鍵をひねっていた」ころはほぼコラムの右側! それなのにいま「スターターボタン」の位置がバラバラの理由 (1/2ページ)

クルマが「鍵をひねっていた」ころはほぼコラムの右側! それなのにいま「スターターボタン」の位置がバラバラの理由

海外では左側ウインカーレバーはISO規格で決まっている

 普段、国産車に乗っているドライバーがたまに輸入車を運転すると、ウインカーとワイパーを間違えて操作してしまうというのは、定番のあるあるだ。

 なぜなら日本ではウインカーレバーはコラムの右側から生えているものとなっているが、海外ではハンドル位置にかかわらず左側から生やすようにISO規格で決まっているからだ。

【関連記事】突然ドアが開かなくなってパニックも! クルマのスマートキーが電池切れした際の対処法

左ウインカーレバー画像はこちら

 といってもISO規格におけるウインカーレバーの位置はあくまで推奨であり、日本や東南アジアの一部で一般化している「右ハンドル・右側ウインカーレバー」というレイアウトを否定するものではない。

右ウインカーレバー画像はこちら

 その証拠というわけではないが、欧州車でもスーパーカーと呼ばれるクルマ(フェラーリやランボルギーニ)のなかには、ウインカーレバーを持たず、ステアリングにウインカースイッチが付いているモデルがあったりする。

フェラーリのステアリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報