なんと150万円以上の値下げも! テスラモデル3の「激安化」と国産メーカーへの「不安」 (1/2ページ)

なんと150万円以上の値下げも! テスラモデル3の「激安化」と国産メーカーへの「不安」

工場からの輸送コストを抑えることで値下げを実現した

 米国テスラ社のモデル3は、同社が目指すEV普及のための戦略車だ。その販売価格が、今年になって大幅に値下げされた。標準車となるスタンダードレンジプラスが82万円、ロングレンジAWDは156万2000万円もの値下げである。

 テスラに問い合わせると、背景にあるのは上海に建設されたギガファクトリーと呼ばれるバッテリー工場が、モデル3専用であり、ことに日本へは輸送距離が近いこともあって大幅な値下げが実現できたとのことだ。逆に、米国市場では値上げになっているという。

【関連記事】こんなクルマ公道に放っていいの? レーシングドライバーをも震え上がらせた「過激すぎる」モンスター3選

モデル3の走り画像はこちら

 上海のギガファクトリーは最新の工場であるため、モデル3専用という仕様の単純化も含め、品質は非常に高く保たれているという。

 これまでも、自動車メーカーが建設する新工場は、工場が設置される国や地域の国情ではなく、設備の新しさによって高い品質が保証されるということがあった。たとえばメルセデス・ベンツCクラスは2014年から南アフリカの工場でも製造され、日本へ輸出された。そのことを懸念する声が日本で上がったことがあるが、当時はドイツ本国の工場より設備が新しく、品質は高いとダイムラー社は回答している。

メルセデス・ベンツCクラスのフロントスタイリング画像はこちら

 世界では、いまギガファクトリーと呼ばれるバッテリー工場の建設が進んでおり、販売地域の近くで大量生産する効果を示す最大の事例が、今回のモデル3の値下げとなって消費者に利益をもたらした。

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治

画像ギャラリー


新着情報