いま日本でバカ売れの「ジープ」! なかでもタフっぷり全開の「ラングラー」ってどんなクルマ? (1/2ページ)

いま日本でバカ売れの「ジープ」! なかでもタフっぷり全開の「ラングラー」ってどんなクルマ?

使い勝手が高まったことでファミリー層を中心に人気を博した

「ジープ」と聞いて多くの人が思い浮かべるカタチといえば、米軍兵士が乗っているような、ほぼ骨格だけの四角いボディにオーバーフェンダー、ゴツいタイヤという、いかにもタフでワイルドでシンプルなSUV。それをやや大きく、最小限に現代化しただけのようなクルマが、ジープ・ラングラーです。

【関連記事】SUV好きのレーシングドライバーが選ぶ! 「悪路最強」のヨンク車とは?

ウィリス画像はこちら

 正真正銘、ジープは米軍の軍用車をルーツに持っており、1941年から80年もの間、本格4×4のSUV専門メーカーとして歩んできました。時代の要求に応えつつ、チェロキーやレネゲード、コンパスといったモダンなモデルも登場してきましたが、一貫しているのはどれもオフロード性能には手を抜かないということ。

チェロキー画像はこちら

 そのなかでもとくに、伝統であるラダーフレームやリジットアクスルといったメカニズムをはじめ、丸型ヘッドライト、7スロットグリル、台形オーバーフェンダーや露出したドアヒンジ、取り外し可能な幌型のルーフトップなどのアイコンもしっかり受け継いでいるのが、ラングラーです。

 ジープはコロナ禍で苦戦するブランドが多かった2020年も過去最高の販売台数を記録しているのですが、その好成績を牽引したのが他でもないラングラー。なんと前年比18%アップで、輸入SUVのDセグメント販売台数ランキング首位を独走しています。

ラングラー画像はこちら

 その大ヒットのきっかけとなったのが、2007年に10年ぶりのフルモデルチェンジをした先代のJK型ラングラーのときに、それまで2ドア4人乗りだけだったラインアップに、4ドア5人乗りの「Unlimited」シリーズが登場したこと。全長が4.3mほどだった2ドアと比べると、Unlimitedは全長4.8mほどと大きくなるものの、全幅は1.9m弱と変わらず、使い勝手がぐんとアップしてファミリー層にアピールしたのです。

 そして2018年秋に11年ぶりにフルモデルチェンジし、登場した最新型のラングラーは、燃費性能アップ、先進安全装備の充実、室内快適性アップをすべて実現。でもいちばん驚いたのが、街中での取り回しのしやすさと、高速道路での静粛性や乗り心地の進化です。

 先代まではなんと、最小回転半径が7mオーバーだったのが、新型では6.2mにまで小さくなり、狭い路地などもなんとか一度で曲がれるように。高速道路では、相変わらず風切り音などは入ってくるものの、ロードノイズは小さめになり、前走車を追従するアダプティブクルーズコントロールのおかげでロングドライブもラクになっています。

ラングラーのリヤ画像はこちら

 でも、昔ながらのタフでワイルドな魅力はまったく薄れていないのがすごいところ。とくに、「フリーダムトップ」と呼ばれる3ピースのモジュラーハードトップ。これは車載されている専用の小さな工具で取り外すのですが、従来より簡単で時間もかからないように設計されたことで、手軽にオープンエアが楽しめるようになりました。ソフトトップのように雨漏りもしないし、閉めれば快適性も高いのに、いざとなれば青空の下を悠々とドライブできるのは最高ですね。

画像ギャラリー