「閉鎖的」な男の世界は過去の話! 女子への「ハードル」が下がっているイマドキ「モータースポーツ」の世界 (1/2ページ)

「閉鎖的」な男の世界は過去の話! 女子への「ハードル」が下がっているイマドキ「モータースポーツ」の世界

初めてなら手ぶらで楽しめる気軽なカートを体験してみるのもアリ

 春はチャレンジの季節! 新年度を迎えて、気持ちも新たに「何か新しいことを始めてみたいな」と思っている女子も多いかもしれませんね。女性に人気のレッスンといえば、ヨガやパン教室など女子力アップが期待できそうなものが思い浮かびますが、もっとスカッとストレス発散になり、ダイエット効果も期待でき、日頃の運転も上手くなる、そんなチャレンジもあるんです。それが、サーキット走行やレース参戦。「えっ、そんなの私にはムリ!」と思うかもしれませんが、大丈夫です。もちろん、いきなり上級クラスのレースに出るのは難しいけれど、遊園地にあるカートで「楽しい〜」と思った経験があれば、最初はあの感覚でステップアップしていけるのが、モータースポーツなのです。

 まずは、自分のクルマがない人や、手ぶらでレジャー感覚で楽しみたい人は、カートコースに行ってみましょう。オススメなのは、関東ならツインリンクもてぎ内の「モビパーク」にあるレーシングカート。関西なら、鈴鹿サーキットの遊園地「モートピア」にあるカートアタッカー。ここは子供から大人まで、初心者からベテランまで、当日行って走れるカートコースです。タイム計測で自分のレベルがわかるし、ステップアップしていけるのもいいところ。まずはカートでスピード感に慣れ、腕を磨いてみるのが最初のステップとしてオススメです。

【関連記事】「アウト・イン・アウト」は過去のテクニック? レーシングドライバーが解説する本当の意味とイマドキの走り方とは

もてぎのカート画像はこちら

 カートだとちょっと物足りなくなってきたけど、まだ自分のクルマでサーキットを走るのはちょっと……という人は、車両レンタル付きで初心者から参加できるドライビングレッスンや、サーキット走行会がいいでしょう。いちばんのオススメは、「ホンダ・スポーツ&エコプログラム」という参加型モータースポーツ。フィットRSのレース仕様車を借りて、有名レーシングドライバーを講師に迎えたレッスンが1日たっぷり受けられるプログラムです。参加者のレベルに合わせたレッスンが設定されているので、まったくの初心者でもOK。参加料金も5万2000円〜とリーズナブルで、ホンダカーズ店頭で参加申し込みをすると、割引料金もあるそうですよ。

スポーツ&エコプログラム mugen画像はこちら

 そしてもうひとつ、車両レンタルでオススメのドライビングレッスンは、富士スピードウェイで開催されている「86レーサーズ」。トヨタ・86のレース仕様車を借りて、プロレーサーのレッスン付きで走れるというもの。AT限定免許の人でも大丈夫です。料金は20分で4万7000円〜とやや高額ですが、自分で準備するよりはかなりコストが抑えられるので、ちょっとお試しをしたいという人にオススメです。

86レーサーズ 富士スピードウェイ画像はこちら

 次に、晴れて自分のクルマを購入して、どんどんサーキットを走ってみたい! という人には、まずは全国各地のサーキットで開催されているドライビングレッスンに参加することをオススメします。長い歴史があり、上達が早いとの定評があるレッスンとしては、偉大なるレーシングドライバー・山野哲也さんが講師を務めている「ハンドリングクラブ」。ツインリンクもてぎで長年行われているレッスンで、とにかくその教え方のうまさ、参加者一人ひとりの弱点を見抜き、修正してくれるきめ細かな指導が大好評です。2021年度も4月17日から5回の開催が決定しているので、トライしてみてはいかがでしょうか。参加料金は一般価格で2万700円です。

山野哲也画像はこちら

 また、数々の著名ドライバーを排出しているジムラッセルレーシングスクールの元インストラクターであるトム吉田さんが、初心者から丁寧に教えてくれる「ユイレーシングスクール」もおすすめ。筑波サーキットや富士スピードウェイ、鈴鹿サーキットなどいろんな場所で開催しており、レベルアップしていくと、卒業生向けに安心かつ楽しいレースも開催しているので、レース初体験までできちゃいます。参加料金はその日によりますが、3万4000円程度となっています。

トム吉田のユイレーシングスクール画像はこちら

 続いては、今現在、JAF公認で行われているモータースポーツで、もっとも手軽で安全で初心者が参加するのにぴったりなのが、「オートテスト」です。多くのモータースポーツは、「国内A級ライセンス」の保有が最低条件となっていて、1日では取得するのは難しいライセンスです。でもこのオートテストは、数時間の座学を受ければ取得できる「国内B級ライセンス」があれば参加可能。参加するクルマも、本格的なサーキット走行をするにはロールバーなどの特別な装備が必要ですが、オートテストなら普段乗っているクルマそのままでもOKで、1台の車両で複数名がエントリーできるので、友達同士やカップルでの参加もできるのです。

オートテスト画像はこちら

 しかも、レーシングスーツやヘルメットなどの装備品もいらず、助手席に同乗もできるので、ふたりで楽しめるのがいいですね。競技はスピードだけでなく、バックや180度ターンなど、テクニックの正確さも判定基準に入るので、普段の運転レベルがどんなものかの確認もできます。イギリスでは、モータースポーツの登竜門として、年間1000回以上が開催されているという、伝統的なオートテスト。一度、参加してみることをおすすめします。

画像ギャラリー