出せばバカ売れ必至! それでもトヨタが軽自動車を作らないワケ (1/2ページ)

出せばバカ売れ必至! それでもトヨタが軽自動車を作らないワケ

トヨタが扱う軽自動車はダイハツからのOEM

 いまだに「トヨタは軽自動車規格を潰したいと考えている」と主張する人もいる。あれだけ大きな組織だけに、軽自動車というカテゴリーを不要と考えている人は存在しているだろうが、トヨタ自身も「ピクシス」というブランドで数々の軽自動車を販売している。

 実際、2020年度でのピクシス・ブランドの販売台数は2万539台(全軽自協調べ)となっている。業界シェアは1.5%ほどなので、トヨタで扱っていることを考えればたしかに微々たるものではあるが、少なくとも国内販売においてトヨタは軽自動車を扱っているし、その必要性は認めているといえる。ピクシス・ブランド以外でもGRブランドでコペンのスポーツコンバージョンを作り上げ、トヨタ、ダイハツ両方の販売網で扱っているのも知られていることだろう。

【関連記事】しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

コペンGRスポーツの走り画像はこちら

 とはいえ、ご存じのようにトヨタの扱う軽自動車は子会社であるダイハツからのOEMだ。グループ内リソーセスの最適化を考えると、軽自動車の開発・製造についてはダイハツが専念しておくのが吉というのは当たり前の判断だ。

 では、もしトヨタが軽自動車を開発するとどのようなことになるのだろうか。

 たとえば日産と三菱自動車の関係でいえば、両社が共同出資したNMKVで軽自動車の開発を行ない、製造は三菱の水島製作所(岡山県)で行なっている。そして現行デイズやルークスについてはNMKVで主導権を持ったのは日産だった。そのためエンジンも完全に新しくなり、プロパイロットと呼ばれる先進運転支援技術も搭載できた。

日産デイズの走り画像はこちら

 同様にトヨタが主導となって軽自動車の開発をすると、ぐっとレベルアップしそうな気もしないではないが……。なぜトヨタは軽自動車開発には携わらないのだろうか。

 結論をいえば、いまさらトヨタ主導で軽自動車の開発をするインセンティブがないということになる。

 トヨタもダイハツも企業理念として「良品廉価」を掲げている。いいものを作るだけでなく、安く届けるということが重要というわけだ。たしかにレクサスの開発で得た知見を軽自動車に投入すれば「いいもの」は作れるかもしれないが、廉価に提供できないことは自明。

レクサスLSのフロントスタイリング画像はこちら

 軽自動車の開発においては、とくにかくコストを下げることが重要で、そのために開発から製造までシンプル・スリム・コンパクトにすること、ダイハツがいうところのSSC化を進めることが重要だ。

 では、売れに売れているトヨタのコンパクトカーのノウハウは軽自動車に活かすことはできないのか。

画像ギャラリー