ダイハツ・タフトに圧倒的な個性を実現! DAMDが提案する「80’s」「little D.」2台のコンプリートカーがオシャレすぎた

ダイハツ・タフトに圧倒的な個性を実現! DAMDが提案する「80's」「little D.」2台のコンプリートカーがオシャレすぎた

アクティブ派に人気の話題モデルををダムドが大胆アレンジ!

「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに誕生した、ダイハツが提案する軽クロスオーバー「タフト」。スクエアなボディと高い最低地上高により、SUVらしいタフさや力強さを与えられ、爽快なドライブを演出してくれる大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備とした、アクティブ派に人気のモデルだ。

ノーマルタフト画像はこちら

 そんな楽しいモデルだけに、さらなるアクティブな楽しみ方を提案する純正アクセサリー用品を多数取り揃えている。しかし、販売目標を大きく上まわるほどの人気ぶりで、街では多くのタフトを見かける……。そうなると、ほかのタフトとは異なる個性を主張したくなるのがクルマ好きというもの。

 そこでオススメなのが、個性的な製品を多数手掛けるボディキット&ドレスアップの匠「DAMD(ダムド)」が手掛ける魅力的なアイテムだ。タフト用に用意されたのは、シンプルな構成ながらSUVらしさを際立たせたふたつのスタイル。どちらもボンネットフードカバー、フロントグリル、フロントバンパーの3点で構成されている。なお、現在最終開発段階で、まもなく発売される予定だ。

個性的な2台画像はこちら

80年代のRV車のようなレトロテイストがおしゃれな80’s

 80’sとlittle D.と名付けられた、キャラクターの異なるボディキット。まず注目したいのは、レトロな雰囲気を醸し出す80’sだ。その名のとおり80年代に流行ったSUV、と呼ぶよりRVという言葉のほうがしっくりくるかもしれない当時のクルマの雰囲気を、現代のクロスオーバー軽自動車にうまくミックスさせた。

80'sのフロントスタイリング画像はこちら

 ノーマルはグリルレスデザインを採用し、バンパー下部までボディ同色としたことで、スクエアなデザインを強調させている。対して80’sは、角目ヘッドライトの天地に揃えるように、個性的なグリルデザインをプラス。これにより、フロントマスクの雰囲気がガラッと変わるから不思議である。

80'sのフロントグリル画像はこちら

 また、フロントバンパーは横一文字のシルバーラインが入り、その上部はボディ同色に、下部はブラックとしたことでボリュームゾーンが車体上部にシフト。この塗り分けと大型グリルのアクセントで、ボディサイズに変更はなくともワンサイズ大きくなったかのような存在感がプラスされている。

80'sのフロントバンパー画像はこちら

 ちなみに、バンパー下の両端部は純正よりも切れ込みを入れたデザインとし、フロントマスクの正面からでもタイヤのトレッド面が見えるようにアレンジ。ちょっとした違いではあるが、これだけでもSUV感が高まる。

 存在感あるフロントマスクをさらに引き立てるのが、サイドデカールである。ボディカラーは純正のサンドベージュメタリックなのだが、この色合いにオレンジ系のサイドデカールが入ることでレトロな雰囲気が際立つ。80年代にランドクルーザーなど多くのモデルで採用されたスタイルだが、当時を知る人は懐かしく、当時を知らない若者は新鮮に映るのではないだろうか?

80'sのボディデカール画像はこちら

 組み合わせるホイールは、デモカーのために用意したスペシャル品。ホワイトリボン仕様も、懐かしさを感じさせてくれるスタイリングとなっているので、このままコンプリートカーの構成アイテムとしてラインアップしてほしいハマり具合だ。ルーフにはサーフボードを載せて、海岸線を走りたくなること間違いなしの雰囲気である。

ディフェンダーのような堅牢なイメージを与えるlittle D.

 もう1台のlittle D.は、ランドローバー・ディフェンダーのようなテイストをタフトに与えている。こちらも純正色のフォレストカーキメタリックをベースにしているが、ボディキットのおかげでSUVテイストがグッと高まっている。このlittle D.は、これまでスズキ・ジムニー&ジムニーシエラのみのラインアップだった。これの4ドアがあれば……というファンの声に応えて、タフトで実現した。

リトルDのフロントスタイリング画像はこちら

 80’sに対し、横基調&マットブラックで仕立てられたフロントグリルがタフさを強調。ただグリルを装着しただけでなく、80’s同様にボンネットフードカバーを装着したことで全体のボリュームをアップ。これで、さらなる塊感を強調して存在感を際立たせている。

リトルDのフロントグリル画像はこちら

 フロントバンパーデザインは80’sと共通。しかし、センターのキャラクターラインをマットグレーに、上部と下部はマットブラック仕上げとしたことでSUVテイストがグッと高まっている。塗り分けでここまで印象が異なるのには驚きだ。

リトルDのフロントスタイリングイメージ画像はこちら

 足もとはDEANクロスカントリーをブラックとボディ同色でまとめたことで、統一感を演出。MUDSTAR RADIAL A/Tタイヤを組み合わせており、ボディキットの魅力を引き立たせてくれるのではないだろうか? ぜひセットで装着したいアイテムだ。

新車ディーラーで気軽に購入できるのがメリット

 どちらもわずか3点というパーツ構成ながら、ここまでノーマルとは異なるルックスに変身させるのは、さすがダムドである。しかし、こういったボディキットを装着しようとすると、専門店などに車両を持ち込まなければならない……という不安を抱く人もいることだろう。その点、ダムドのボディキットは安心だ。提携している新車ディーラーにて、キット装着済みの“コンプリートカー”を購入することができる。

ダイハツディーラー画像はこちら

 新車ディーラーというだけあって、展示車を用意している店舗であれば実際に見て購入を決めることが可能。初めてのカスタムカーという人には、実車を見られるのは非常にありがたいだろう。現在、全国にダムドのボディキットを用いたコンプリートカーを販売する新車ディーラーは176店舗(2021年4月20日現在)あり、どこでも同じクオリティのダムドコンプリートカーを手にすることができる。

 これを実現できる理由のひとつが、ボディキットは真空成形のABS樹脂であること。取り付けの際に現車合わせ加工などが基本的に必要なく、カスタム専門店ではない新車ディーラーのメカニックでも取り付けしやすい。もちろん、保安基準にも適合しているので、ディーラーも安心して製品を扱うことができるのだ。

 これはもちろん、製品の品質の高さにもつながっているので、高品質なアイテムを全国どこでも安心して購入できるのは嬉しいだろう。そして、取り扱うディーラーとしても、デモカーを店頭で展示できるのはメリットがあるという。

ノーマルとデモカー画像はこちら

「正規取扱店なら、安心して購入できますか? というお問い合わせを多くいただきますね」と語るのは、お話を伺ったダムドの製品を取り扱うダイハツショップ ダイハツ朝比奈インターの田中 泉代表。これまで数多くのコンプリートカーを販売してきたプロフェッショナルだ。

「すでに乗っているからパーツだけ欲しいという方よりも『このクルマが欲しい』とコンプリートカーをご指名いただくケースのほうが圧倒的に多いです。ジムニーなどのデモカーを店頭に展示していると、これをそのまま売ってください、と言っていただける方もいらっしゃいます。とくにクルマには興味があるけどカスタムに対してはあまり詳しくない若者にとっては、コンプリートカーは魅力的なようですね」

商談のイメージ2画像はこちら

コンプリートカーの実車を見せられるのが正規取扱店の強み

 ジムニーも同様だが、タフトもまだ中古車価格相場は高め。そうなると、新車の購入も視野に入ってくる。そして、どうせなら他人とは違う個性的なモデルが欲しい。そのような好循環が生まれているそうだ。

「カスタマイズを提案するには、実車を実際に見ていただくのが一番です。今回のタフトは80’sとlittle D.という、2タイプが設定されていて選択肢があるのはいいですね。どちらもレトロな雰囲気があって、レトロなものが人気となっている若者にもぴったりです。もちろん、当時を知る世代の方にも懐かしさがあっていいのではないでしょうか?」と田中代表。

コンプリートカー2台のイメージ画像はこちら

 ゴテゴテした、ドヤッ! と自慢するようなデザインも、もちろん個性的だが、ダムドが提案する「さり気なくオシャレ」なボディキットがいま注目されているという。実際、ジムニーを検討していた来店客が、この仕様は何? と気にすることが多いそう。純正風を残しつつ、レトロな雰囲気を与える、まさにダムドが特別仕様車を作ったら? というようなコンセプトが、新車の購入を検討している来店客に刺さっているようだ。

 また、コンプリートカーとして新車購入すれば、ボディキットの費用などもすべて自動車ローンに組み込んで購入可能。無理なく新車で楽しいカーライフが送れるのも、コンプリートカーならではのメリットと言えよう。

 全国のコンプリートカー取扱店全店舗に全車種を展示することは難しいが、80’sとlittle D.のタフト・デモカーは、製品が発売されたのちに順次取扱店舗にて用意されていく予定だ。気になる人は製品発売後、気軽にダムドコンプリートカー正規取扱店へ問い合わせて出かけてみてはいかがだろうか? 4月からの新生活、新しくカーライフをスタートさせるには、個性をオシャレに主張することができるダムドのコンプリートカーはオススメだ。

走行イメージ画像はこちら

バナーイメージ画像はこちら

車両販売協力店舗一覧はコチラ↓
https://www.damd.co.jp/complete/shoplist/

<ダムド公式ホームページ>
https://www.damd.co.jp/

【取材協力】ダイハツショップ ダイハツ朝比奈インター
http://www.tax-yokohama.co.jp/

画像ギャラリー