クルマとファッションの融合! DS3クロスバック特別仕様車「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」発売

クルマとファッションの融合! DS3クロスバック特別仕様車「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」発売

特別なボディカラーやシート素材を採用したおしゃれな1台

 グループPSAジャパンは、DSオートモビルのラグジュアリーコンパクトSUV「DS3クロスバック」にパリのファッションアイコンである「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」とコラボレーションした特別仕様車「DS3クロスバック イネス・ド・ラ・フレサンジュ」を発売した。車両本体価格(税込み)は、438万2000円。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

フロントスタイリング画像はこちら

 フレンチラグジュアリーカーの復興を担うDSオートモビル。フランス文化そのものを自動車開発に活かすにあたり、ファッションの視点は欠かすことができない要素のひとつ。そこで、今回フランス・パリのファッションアイコンであるイネス・ド・ラ・フレサンジュがDSオートモビルにインスピレーションを与え、融合させたモデルが今回の「DS3クロスバック イネス・ド・ラ・フレサンジュ」である。

エンブレム画像はこちら

 ブルーアンクルのボディカラーとペルラ・ネラ・ブラックのルーフを採用。この特別なボディカラーに映える、イネスレッドのドアミラーとホイールセンターキャップを組み合わせている。

ホイール画像はこちら

 DSオートモビルの特長であるインテリアは、両ブランドのチームによる共同開発となっている。特別モデルだけに用意されたインクブルーのアルカンタラをダッシュボード全面に張り込み、そのステッチにもイネスレッドを用いている。

インパネ画像はこちら

 シートは、アリエージュ地方(南フランス・ピレネー山脈)の職人の革を織る技術からインスピレーションを得た独自のシート素材を開発。アルカンタラやテップレザーなど複数の素材を組み合わせた、エレガントかつ繊細な肌触りを実現した。

シート生地画像はこちら

 また、フロントフードやリヤゲートには専用バッジを、フロントドアやダッシュボードには専用エンブレムを、そして専用デザインのフロアマットなど随所に特別なディテールが加えられている。

ダッシュボード画像はこちら

画像ギャラリー