見た目だけで「買う価値」あり! 市販しているのが謎なほど「ド級」デザインのクルマ7選 (1/2ページ)

見た目だけで「買う価値」あり! 市販しているのが謎なほど「ド級」デザインのクルマ7選

国産車のデザイン性も世界に認められている!

 2021年のワールドカー・オブ・ザ・イヤーの部門賞となる2021年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーはフォルクスワーゲン(VW)の電気自動車(EV)「ID.4」が輝いた。が、前年、2020年のワールドカー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したクルマと言えば、我が日本車のマツダMAZDA3である(マツダはロードスターで2016年のワールドカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している)。

 つまり、世界でもっともデザインに優れたクルマとしてMAZDA 3 FASTBACKが選ばれ、ノミネートされた3台のうちのポルシェ・タイカンを次点に退けて受賞したのはまさに快挙と言えるだろう。

1)マツダMAZDA3 FASTBACK

 MAZDA 3 FASTBACKの、とくにシンプルにして面の連続性が美しいボディは芸術の域にあるといっていい。

【関連記事】前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

マツダ3の走り画像はこちら

 魂動デザインの美しさをさらに際立たせる「匠塗」TAKUMINURIと呼ばれる1色、マツダの他の車種でも圧倒的な存在感を放つソウルレッドクリスタルメタリックに塗られたMAZDA 3 FASTBACKのボディは、朝も昼も夜も、そのリフレクション(反射、映り込み)の美しさに感動さえ覚えてしまうほどだ。

MAZDA3 FASTBACK画像はこちら

 日本人だけでなく、世界中の人(選考委員)に認められたということである。

2)フォルクスワーゲンID.4
3)ホンダHonda e

 一方、先進的デザインの素晴らしさでは、2021年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーのVWのEV、ID.4はもちろんだが、日本ですぐにでも手に入る車種として、国産車ではホンダHonda eを挙げられずにいられない(オーダースケジュールによるが)。

ID.4の走り画像はこちら

 2021年ワールドカー・オブ・ザ・イヤーにおいて部門賞のワールド・アーバン・カーを受賞したぐらいであり、街乗りに特化したピュアEVにして、ノスタルジックさを感じさせるミニマムなエクステリアデザインと、未来感あふれる世界初の5つものスクリーンをダッシュボード左右いっぱいに水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルを備えたインテリアのデザイン性は超絶。

Honda eのインパネ画像はこちら

 ピュアEVであることを含め、まさに先進デザインで選んで後悔なしの都市型コミューターの1台と言っていい。

Honda eの走り画像はこちら

画像ギャラリー