購入・維持・売却までを徹底比較! 同額の「軽自動車」と「普通車コンパクトカー」はドッチがお得? (1/2ページ)

購入・維持・売却までを徹底比較! 同額の「軽自動車」と「普通車コンパクトカー」はドッチがお得?

装備面ではグレードの差があらわれている

 近年はそれなりにいい軽自動車とコンパクトカーの価格は似たようなものになっていることも多く、迷う人も多いかもしれない。という背景もあり、ここではホンダ車で価格が非常に近いフィットBASIC(155万7600円、1.3リッターガソリンNA)と、N-BOX L(155万9800円、660ccのNAエンジン)を新車で買い5年、5万km乗るという想定で総合的な出費などから「どちらがお得か?」を考えてみた。

■乗って、使ってどうなのか?

装備内容

 フィットはベーシックグレードということもあり全体的にシンプルで、ホンダセンシングをはじめサイドカーテンエアバッグなどが標準装備される。近い価格のN-BOXは左側の自動ドア、シートヒーターなども標準装備というアドバンテージがあり、N-BOX優勢だ。

【関連記事】乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

N-BOXのフロント画像はこちら

使い勝手は?

 キャビンとラゲッジスペースが広いフィットと軽スーパーハイトワゴンのN-BOXはジャンルというか得意なところが異なることもあり、引き分けとする。

フィットのラゲッジ画像はこちら

乗ってどうか?

 街乗りだけというならそれほど変わらないとも言えるが、高速道路を使った長距離ドライブなどになると、やはり車体やエンジンが大きいフィットの余裕というアドバンテージは非常に大きい。

 また、それぞれに装着される自動ブレーキや先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールといった運転支援機能から構成されるホンダセンシングも、フィットはアダプティブクルーズコントロールが停止まで対応するタイプになるという点も高速道路の渋滞などでは有難い。

フィットのフロント画像はこちら

画像ギャラリー