いまの国産SUVは「ぬるすぎる」! オンオフ問わず「バカッ速」の絶版SUV5選+α (1/2ページ)

いまの国産SUVは「ぬるすぎる」! オンオフ問わず「バカッ速」の絶版SUV5選+α

いまだに中古車として出回っているものも!

 今、世界的に大ブームを巻き起こしているのが、SUV、クロスオーバーSUVだ。自動車メ―カーはその新型車を続々投入。なにしろ、スーパーカー、スポーツカーメーカーのランボルギーニやポルシェ、マセラティなどまでハイパフォーマンスなSUVをラインアップしているほどだ。

 一方、国産SUV、クロスオーバーSUVと言えば、比較的買いやすいモデルが中心。スーパーなスペック、動力性能で光るのは、2.5リッターエンジン177馬力、22・3kg-m、フロントモーター182馬力、27.5kg-m、リヤモーター54馬力、12.3kg-m、システム最高出力306馬力という最高出力、最大トルクを誇るトヨタRAV4 PHV、4.6リッター V8、318馬力、46.9kg-mを発揮するトヨタ・ランドクルーザーぐらいのものである。

【関連記事】見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

RAV4 PHVの走り画像はこちら

 しかしだ、現在のSUVブーム到来のずいぶん前、1990年代から2000年初頭にかけて、我が国産車にも、スポーツモデルに匹敵するバカっ速い、スーパーな動力性能を備えたSUV、クロスオーバーSUVが存在した。ここでは、そうした過去のスーパーSUV、クロスオーバーSUVを、年代を追って回顧するとともに、中古車の流通量、市場価格を紹介したい(一部、中古車として流通していないモデルもある)。

1)三菱パジェロエボリューション

 まずは、1997年~1998年にかけて少量生産、いや、正確に言えば、パリ・ダカールラリー(市販車改造クラス参戦)の参加資格を得るために作成されたスポーツモデルとして登場した三菱のパジェロ・エボリューションである。パワーユニットは3.5リッターV6 280馬力、35.5kg-m。5速ATまたは5速MTが選べ、レカロのセミバケットシートを標準装備。

パジェロエボリューションの走り画像はこちら

 当然、ボディ、足まわりも補強され、それはサスペンションやアクスル構造変更、専用設計された1ピース構造の16インチアルミホイールの装着にまで及んでいる。当時の新車価格は374万円~。嬉しいことに、現在もごく少数ながら中古車として流通している。価格はさすがに強気で、290~340万円の高値となっている。

パジェロエボリューションのリヤ画像はこちら

2)三菱RVRハイパースポーツギヤR

 次なる1台は、懐かしい三菱RVRに、1997年1月に加わった、700台限定のハイパースポーツギヤRである。4G63、2リッターターボエンジンは250馬力、31.5kg-mを発揮。それはなんと初代ランサーエボリューションと同スペックなのだからすごい。

RVRハイパースポーツギヤR画像はこちら

 しかし、それ以上に目を引くのはそのルックスで、開口部を拡大したフロントバンパー、大型サイドステップ&リヤスポイラーなどを装備。まさに、RVRエボリューションモデルと呼べる攻撃的なエクステリアをまとっていたのである。パジェロ・エボリューション同様のレカロシートも標準装備されていたのだから本格だ。調べた結果、残念なことに現時点で中古車は見つからなかった……。

3)日産エクストレイルGT

 2000年代に入っても国産SUVのハイパフォーマンス化はとどまることを知らなかった。2001年には日産エクストレイルGTが登場。

日産エクストレイルGTの筑波サーキット走行シーン画像はこちら

 すでにエクストレイルの人気は絶大なものになっていたが、316万6000円の価格だったGTは、当時の280馬力規制の上限となる280馬力/6400rpm、31.5kgm/3200rpmを発揮する2リッターターボエンジンを搭載。ボンネットの下に収まるインタークーラーのサイズはGT-Rに次ぐ巨大なものだった。

エクストレイルGTのエンジン画像はこちら

 もちろん、ブレーキ、サスペンションも専用化。速さだけでなく、悪路の走破性にも凄みを見せた最強のエクストレイルでもあったのだ。そもそも新車販売台数が少なかったこともあって、現在、中古車はかなり希少な存在。とはいえ、100万円前後の価格で見つけることも可能だ。

日産エクストレイルGTのリヤから見た走行シーン画像はこちら

画像ギャラリー