トランクマットをめくってもない! 「スペアタイヤ」の意外な搭載場所3選 (1/2ページ)

トランクマットをめくってもない! 「スペアタイヤ」の意外な搭載場所3選

降ろすのも一苦労?

 いざという時のためにどこに搭載されているのかを把握しておきたいスペアタイヤ。そもそも最近のクルマではスペアタイヤではなく、パンク修理キットに置き換えられている場合も少なくない(というかスペアタイヤ搭載車の方が少ない)が……。

【関連記事】いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

パンク修理キット画像はこちら

 そんなスペアタイヤの居場所として最もポピュラーなのはやはりトランクルームだろう。普段はトランクボードなどが被せられているため目立たないが、ボードを外せばその下にスペアタイヤが鎮座しているというのが一般的だ。

スペアタイヤ画像はこちら

 しかし、車種によっては予想外の場所にスペアタイヤを格納している車種もある。今回はそんな意外な場所にスペアタイヤがあるケースをご紹介しよう。

1)フロントフード内(トヨタMR2、スバル・レオーネなど)

 スペアタイヤはトランクスペースにあるのが一般的、と前段で話したが、エンジンがフロントではなくミッドやリヤに搭載されているモデルに関しては、フロントフード内がトランクスペースとなる。そのため、これらの車種においてはスペアタイヤがフロントフード内に備わっていることが多いのである。

トヨタMR2の走り画像はこちら

 また、水平対向エンジンを搭載していたスバル・レオーネや、360cc時代の軽自動車はエンジンルーム内にスペースがあったため、スペアタイヤがエンジンルームに備わっていたのだ。

トヨタMR2のスペアタイヤ画像はこちら

画像ギャラリー